2010年09月

2010年09月21日

鑑定053 【もし生まれ変わったらもう一度泡姫になりたい の巻】

ダンナ!! 久しぶりにソープへ取材に行くことが決まりましたぜ! どこのお店に行くかって? あのお店ですよ! あのお店! ワタクシは前の日からドキドキして眠れませんでしたぜ。だって私生活ではがゼッタイに出会うことのない高嶺の花とお話できる機会が約束されているのですから。みなさん、もうおわかりかな? ココで〜す!!










PC : http://www.truthg.com/pc/85/main.html
携帯 : http://www.truthg.com/k/a/85/index.html


千葉 ソープランド
85 (エイティーファイブ)
TEL 043-227-0085

千葉栄町ソープで遊んでいるみなさま方はご存知ですよね! そうです! 業界大手トゥルースグループの人気大衆ソープです。しかも今日登場してくれたのは、なんと現在本指名率遅番部門第2位のお姫です!!
まこ(24歳) T162 B88(C) W60 H90

まこ「こんにちは、初めまして。今日はよろしくおねがいします」
鑑定員「むっむっー!! なんだこのむわっとした空気は! 裸の女が50人ぐらい固まっているとき(←どんなときや)ぐらいのしっとり感が部屋を覆っていますが」
まこ「ここはお風呂ですから当たり前ですよ(笑)」
鑑定員「そうか。いや、そうではなくて、アナタから漂うフェロモンがハンパないということですよ!」
まこ「まあお上手ですね。このアンケートに記入すればいいの?」
鑑定員「はい! お願いします!」
普通にアンケートを記入しているだけなのに色っぽいんです、このお方。
 
↑画像クリックで、大きく表示出来ます!
 
↑画像クリックで、大きく表示出来ます!
 
鑑定員「まこさん、黒のドレスが素敵ですね」
まこ「単純に、黒を着たほうがやせてみえるでしょう(笑)?」
鑑定員「ということは、脱ぐと想像もつかないようなボンキュッボーンな肉体が?」
まこ「なんなら脱いで見せます? うふっ、冗談ですよ。ではぜひ私のカラダを想像しながらお話しをしてください」
鑑定員「いや…、あ、あのぉ〜(完全に動揺してしまう記者)、では、まこさん的には自分のカラダのどこが一番自信あるのですか?」
まこ「お尻ですね。本当はね、ダントツにデカいこのお尻がコンプレックスだったんですよ。お店に入った時点でも、できるだけお尻は見せたくないと思っていたんですけど、あるお客さんが『コンプレックスだと思うなら逆にTバックを履いて強調してみれば』っておっしゃったんですよ。よく意味がわからなかったんですけど、気になったのでその通りにTバックを履いてみたら「いいお尻だ」ってみんなが一斉に褒めてくださるようになって。発想の転換というか、客観的なモノの見方というか、ここでお仕事をしていると勉強になることが多いです。コンプレックスが自信に変わるのですから」
 
鑑定員「なるほど〜。まこさんはお客さんとはけっこうお話をするほうですか?」
まこ「相手のお客さまが望んでいればもちろんします。聞く立場のほうがだんぜん多いですけどね。お客さまにとってこの密室空間は特別なんですって。外ではゼッタイにお話しない重要な内容をうっかり話してしまう、そういう特殊な雰囲気があるそうです。立場がある人だととくに、奥さんだったり部下だったり身内にはこぼせないなことがあるみたいです。だれかにいってスッキリしたり心の整理がつくことがあるんじゃないでしょうか」
鑑定員「まこさんから話のネタをふったりするんですか?」
まこ「私ですか? しゃべるよりしゃ●っちゃうほうですので(笑)。お話だけがコミュニケーションではないですから」
鑑定員「男女のかけひきが上手そうですね」
まこ「うふふ。かけひきとまではいわないですけど、お互いの性感帯を探し当てたりするのは楽しいですね。私も女なので、どこそこが感じますなんて口に出して言うのは恥ずかしいですから。でもね、1つだけネタばらししちゃうと、私がしつこく責めるポイントというのは、実は私が責められたいポイントだったりするんですよ」
鑑定員「へぇ〜。同じ場所ってことは男女共通の箇所ですね。どこだろう? 普通の人では考えられないようなすっごいイヤらしい場所なんでしょう?」
まこ「あははっ。ソコは来ていただいてからのお楽しみということにしておいてください。ところで、男女のかけひきという話ですけど、私はベッドの外に出ちゃうと実はとっても苦手なんです」
鑑定員「それだけの美貌なんだから、モテモテでしょう?」
まこ「いいえ。私はもうかれこれ4年間、男性とプライベートのお付き合いがないんです」
鑑定員「なぜ?」
まこ「縁がないんですよ。たまに年上のヒトを好きになるんですけど、きまって既婚者なんです。私不倫だけはしたくないんです」
 
背中からヒップにかけてのせり上がりがソソります。
 
鑑定員「アンケートによると、初体験も年上のヒトだったみたいですね?」
まこ「はい。それがですね、その相手というのが、間違い電話をかけてきたヒトだったんです(笑)」
鑑定員「テレクラ?」
まこ「普通の回線ですよ! 私も当時大学生でヒマだったので、その間違い電話オジサンと話し込んでしまったんです。雑談から『彼氏いるの?』みたいな話題になって、いや、彼氏いるんですけどHがなかなかうまくいかないんです、早く処女を捨てたいんです、って私が言ったら『じゃあオレは経験があるから教えてあげる』ということに…」
鑑定員「それ、そういうナンパなのでは?」
まこ「いえ、本当に間違い電話だったんですよ。その相手というは大学の講師だったんですけど、今ではけっこうお偉い教授になっているみたいです」
 
鑑定員「まこさんの好みのタイプは年上ということ以外になにがあるんですか?」
まこ「私って見た目がSっぽいじゃないですか。でも本質は逆なんです。私のM性を上手に引き出してくれる方に支配されてみたいです。このヒトにまかせたら大丈夫だと私が確信した上での交流ができたらいいなあ」
鑑定員「最後にMであることをカミングアウトしましたね」
まこ「はい。でも攻めるのも得意でしょ。『オレ、こんなの初めて』って思いたい方は是非まこに会いに来てくださいね」
 
 


「もし生まれ変わったら、もう一度ソープで働きたい」
まこさんからこの言葉をいただいたところでインタビューは終了。彼女のところに遊びに行くかたは、この情報を是非とも活かしていただければと思います。

お遊びの際には「ビンビン見た!」も忘れずにお願いしますね〜!


つづく
千葉 ソープランド  
85 (エイティーファイブ) まこ(24歳)
TEL:043-227-0085 T162 B88(C) W60 H90
 


hyperbingo at 15:00|この記事のURL

2010年09月06日

鑑定052 【新学期の席替えで隣の席に座ってほしい女の子 の巻】

みなさ〜ん、夏休みの自由研究は無事に提出できましたか? え? くだらんことを言ってないで早く女の子紹介しろ? いやね、学生時代を思い出せばこの季節は2学期の始まりじゃないですか。席替えで教室の視界も変わったところで新たな恋をした季節だなあと。もし、こんな娘が教室の隣の席に座ったらどうしよう…。そんなテーマで千葉栄町を嗅ぎ歩き、この店に到達したわけです。










PC : http://www.tgc-deli.com/
携帯 : http://www.tgc-deli.com/i/


千葉 デリヘル
東京ガールズコレクションズ
TEL 043-221-7776

店長! この季節にテンションが上がりそうな女の子、そうだなあ…、フンイキ的にはちょっと今まで周りにいなかったような転校生タイプがいいなあ。ねえ、だれかいる?  「いますよ(笑)。この娘でどうでしょうか?」(店長)
諸星ラム(20歳) T157 B85(C) W59 H86

出たぁ〜!! 運命の女神サマ〜!! キミこそボクの隣の席に座ってほしかった転校生!!    お名前はなんていうの? 「諸星ラムです。はじめまして」 ん? なんかのマンガに出てきたような…。ま、いいでしょう。では恒例なアンケートに行ってみま〜す!!
 
↑画像クリックで、大きく表示出来ます!
 
↑画像クリックで、大きく表示出来ます!
 
アンケート書き込み中にもかかわらず、こちらに向かってニコリ。
 
鑑定員「かわいいなあ。なんかニコニコしたり、ぽっーとしてたり」
ラム「ありがとうございます。性格はよく天然っていわれます。でも、キャァアアっ!!」
 
買ったばかりの飲み物をベッドの上にひっくり返すラムちゃん。
 
ラム「ご、ごめんなさ〜い」
鑑定員「大丈夫です。そんなところがたまらなくカワイイですけど、アンケートに書いてあることはエグいですね。自分の身体で一番好きなところが『下の口』ですって」
ラム「男性に一番褒められる場所なので、そうなのかなあって思って(笑)」
鑑定員「それだけカワイイ顔があって、ほかに褒められる場所がアソコということはよっぽど具合がイイんでしょうね。具体的にどんなアソコなのか教えてください」
ラム「自分で指を入れたことがないからわからないのですが、せまいらしいですよ」
鑑定員「ええ? 普通、セックス前にウォーミングアップ替わりに自分のおマンコに指入れするでしょう?」
ラム「しませんよ! 自分の指を入れるなんて怖いじゃないですか。私、アソコにタンポンも入れたことありませんし」
鑑定員「今まで付き合ってきた男性から狭いっていわれたの?」
ラム「はい。それに竹の子天井らしいです」
鑑定員「数の子天井?」
ラム「そっちでした(笑)。あのね、入口が狭いうえに私ってアソコの中を自由自在に締めることができるんです。今まで付き合った彼氏は5分ともたなかったんですよ(笑)」
鑑定員「自分で自分のアソコ触らないってことはオナニーしないの?」
 
 
ラム「それはどうでしょうか(笑)」
鑑定員「その顔はゼッタイにしてるな。クリトリスいじり星人でしょう?」
ラム「あははっ。恥ずかしいからあまり突っ込まないでください!」
鑑定員「オナニーはいつから始めたの?」
ラム「ええ? 言うんですか? 初めてしたのは中1のとき…」
鑑定員「毎日していたんだろう、この淫乱中学生め!」
ラム「してませんって! 私、お姉ちゃんと部屋がずっといっしょだったんです。なかなか自分1人になる時間がなくて落ち着いてできなかったの。するときは罪悪感と自己嫌悪にさいなまれながら…でした」
鑑定員「いつもお姉ちゃんの顔色とチャンスをうかがっていたわけだ」
ラム「そうですね。私最近になって一人暮らしを始めたんです。ようやく階段の足音を気にせずにオナニーに没頭できるようになりました。何回でもイッてもいいわけだし、自分のタイミングでイケるって素敵なコトです。落ち着いて自分の性感と向き合えるようになったからか、最近では乳首も感じるようになりました」
鑑定員「よかったじゃないですか。ところで、初体験が18歳って遅くないですか?」
教室の窓から中庭を眺めていたら、お友達に呼ばれて振り返ったラムちゃん。
 
放課後の教室で今まさに初体験を迎えようとしているラムちゃん。
 
ラム「そうなんです。それは高校の卒業式の日でした。好きだった先輩が卒業式の日に学校に来てくれて、みんなが帰った後の自転車置き場で立ちバックでしちゃいました。卒業おめでとうみたいな感じで」
鑑定員「卒業祝いにセックスをする慣習があるの?」
ラム「そういうわけではないですけど、まあ、盛り上がりついでに(笑)」
鑑定員「付き合った彼氏も2人だけ? そんなにかわいかったらたくさん告白されたでしょうに」
ラム「付き合ったとしても1日で終わっちゃうの(笑)」
下着姿になったときに素で恥ずかしがっていました。
 
 
鑑定員「どういうこと?」
ラム「家がものすごく厳しかったんです。高校卒業するまで門限は学校が終わったらすぐの時間に設定されていて、しかも土日は家のお手伝いをしなくてはいけなかったの。友達とさえ遊びに行けなかったから、男の子に告白されて『いいよ』って言っても、デートできないんです」
鑑定員「かといって部屋で落ち着いてオナニーもできなくて、さぞ息苦しかったろうに」
ラム「その話はもういいです。ちなみに私今も彼氏いないんですよ。でも最近ビールが美味しくなっちゃって、男の子と遊ぶより飲んでいるほうが楽しくなっちゃった。ヤバいですよね(笑)」
鑑定員「大人を通り越してオヤジ化しないように気をつけてくださいよ。最後にラムちゃんのお店でのプレイについて聞きたいな。フェラと素股はどんな感じなの?」
ラム「フェラは舌の遣い方が上手っていわれます。奧までくわえ込んだらノドで亀頭を締めて、舌でサオをチロチロっと責めたり。素股は、私が上に乗ったら右手でサオを握るでしょう、それで左手でフタをするとアソコの奧の感触を味わってもらえるんです」
鑑定員「スゲー。どっちも上級テクじゃないですか。だれに教わったの?」
ラム「ツタヤでマニアックなDVDをかりてきて自分で勉強したんです。でもまだまだですよ。フェラのときに、オチンチン吸っていて気持ちいいのかなって思っていたら実はお客さんは痛がってた、なんてコトもありますから。基本ドジですので(笑)」
 
 


飾りたてることなく、素のままの姿でなんでも本当のことをしゃべってくれた諸星ラムちゃんでした。思わず抱きしめたくなるような愛くるしいルックスに真面目で恥ずかしがり屋でちょっぴり天然な性格。彼女に恋してしまうのは私だけではないはずです。

お遊びの際には「ビンビン見た!」も忘れずにお願いしますね〜!


つづく
千葉 デリヘル  
東京ガールズコレクションズ 諸星ラム(20歳)
TEL:043-221-7776 T157 B85(C) W59 H86

 


hyperbingo at 20:06|この記事のURL