2011年05月

2011年05月20日

鑑定069 【少女が痴女に変わるとき の巻】

自分の目の前で、自分の行為によって顔を歪める男性の姿を腹の底から悦んでいる女性のことを世間一般に痴女と呼びます。はたして彼女たちは生まれながらにして痴女なのか、もしくはどこかで「痴の扉」を開けてしまったのか。今回の風俗鑑定団のそんなテーマで行ってみたいと思います。このたびおジャマしたお店はココです!










PC : http://www.mehyou-dh.jp/
携帯 : http://www.mehyou-dh.jp/m/


船橋 デリヘル
女豹

関東最強痴女性感店とうたい「男の潮吹きプレイ」を主軸に置く攻撃的なデリヘルであります。いったいどぉ〜んな女性が現れるのか興味津々であります。それでは登場してもらいましょう! 
るい(20歳) T157 B84(C) W57 H84

 
るい「こんにちは」
鑑定員「キ、キミが船橋の潮吹かせマシーン?」
るい「違います。ナニを言っているんですか」
鑑定員「そうですよね、こんな純粋そうでかわいらしい女の子がまさか男に潮を吹かせるわけありませんよね?」
るい「いえ、ときどき吹かせます(笑)」
鑑定員「ええー? ボクには信じられません。とりあえずアンケート記入していただけますでしょうか? 詳しい話はのちほどたっぷり聞かせてください」
るい「了解です♪」
 
↑画像クリックで、大きく表示出来ます!
 
鑑定員「イヤらしさとあどけなさが同居した、なんともいえない空気感が漂っていますね」
るい「そうですか? けっこうフツーの女ですけど」
鑑定員「恥ずかしい思い出が「ポカリとまちがえてハイター飲んだ」ですって? 痴女になるための修行かなにかですか?」
るい「だから間違えたって言ってるじゃないですか(笑)。母親がポカリのペットボトルにハイターを入れていたのを知らずに飲んじゃったんです。それで3日間入院しました。私がまだ5歳の時の話です」
鑑定員「よく生還できましたね。ところで、るいちゃんはいつフーゾク界に入ったの?」
るい「今年の3月です。まだゼンゼン慣れていません」
鑑定員「それまではどんな仕事をしていたの?」
るい「貴金属の買い取り会社にいました。私は営業で『お宅の指輪やネックレスを買い取ります』って一般家庭を回っていたの。アポなしだから大変でしたよ」
鑑定員「痴女を最前線に送り込む悪徳業者?」
るい「なんてことを言うんですか。ちゃんとした会社です! しかもその時はまだアタシ痴女じゃないし…」
 
鑑定員「飛び込み営業はタイヘンだ。満面の笑みで1オクターブ高い声で「こんにちは〜」ってやっていたんですね」
るい「ところがね、何軒も回っているうちにわかったことがあったの。最初はインターフォン越しに奥様とお話するわけじゃないですか。いわゆる営業電話風の声の出し方だとその場で断られちゃうんですよ。近所のおばちゃんに話しかける時みたいな普段の声を使ったほうが玄関を開けてくれやすいの。素のままの自分を出したほうが初対面の人に警戒されないことがわかったんです」
鑑定員「それは今の仕事にも生きているのかな?」
るい「そうですね。やはりファーストコンタクトは大事ですから。お客さまの緊張をほぐしてあげてからではないと」
あどけなさと妖艶さが入り交じって…。
 
鑑定員「M男クンに対して最初はやさしくアプローチしていくわけですね? コワい痴女を求めているお客さんもいるんじゃないんですか?」
るい「はい。たまに『もっと厳しくして』とか言われるんですね。私は『そんなキャラじゃないですよ』なんて言いつつ、プレイ中にいきなりスイッチが入っちゃう(笑)」
鑑定員「痴女スイッチが、ですね?」
るい「自分でもスイッチがどこにあるかはわからないんです。気がつくとお客さんが『もうやめてください』っていっているのにやめないで楽しんでいたり、言葉遣いがオラオラになっていて「だから○○○なんだよ、オマエは!」みたいなことを言っていたり。途中で『あれ、なんかアタシさっきと違うな』って冷静になったりします。ンフフッ」
鑑定員「豹変していく自分を客観視して楽しんでいると。ある意味ヘンタイの極みですね」
るい「アハハハ。そんなコトないですよ。客観視できてもコントロールはできないです。痴女スイッチも徐々にしか切れませんし」
鑑定員「スイッチはブチって切れないモノなんだ。もしプレイ中に突然自分のお母さんが入ってきたら『てめえナニ見てんだよ、このババア!』とか同じ調子で怒鳴りつけてしまうわけですね」
るい「あはは、そうかもしれません。私のお母さんがホテルに入ってくることはないと思いますけど(笑)」
 
鑑定員「お店に設置されている『男の潮吹きコース』についてお聞きします。るいさんは男が潮を吹くことを知っていましたか?」
るい「いえ、このお店に入るまで知りませんでした。お店の方から説明を受けたとき最初は『ナニ言っちゃってるの?』って思いました」
鑑定員「男はだれでも潮吹きできるんですか?」
るい「いえ、だれでもできるわけではないです。私はまだ新人ですので潮吹かせ打率は3割ぐらいです」
鑑定員「男はどうやったら潮を吹くの?」
るい「射精した後のチ○コをイジり倒すんです。先っちょをなでくりまわす感じで。最後までガマンできた人がおしっこでもない精液でもない透明の液をピュッ、ピュッ、ピュッと飛ばすことができるの、んふふっ」
セクシーランジェリーにお着替え。
 
鑑定員「潮を吹くのは射精後どのくらい経ってから?」
るい「人によって違いますけど2、3分ぐらいかな」
鑑定員「射精が終わってチンチンがふにゃふにゃになってから?」
るい「いえ、吹くまでは勃起状態が続いていないとダメです。吹けない人というのは1分くらいでギブアップしてしまう人。でもたった1分間でも耐えるのは相当の根気が必要だし、その耐えている姿を観ていることが私にはとても楽しい時間なんです」
鑑定員「潮吹きコースをチョイスしたお客さんはそのために来ているわけですからね」
るい「それだけに、初めて吹いたときはみなさん『感動した』って口を揃えていいますね。吹かせたほうの私にも達成感があるんです。んふふっ」
鑑定員「るいちゃんはプライベートでもそういうヘンなプレイをやって来たのですか?」
るい「いえいえ、ゼンゼン(笑)。プライベートでは普通でしたよ」
鑑定員「アンケートにはプライベートでAF経験があると書いてありますけど?」
るい「昔好きだった人が突然『こっちの穴に入れていい?』って言ってきたのが始まりで、その人だけです。よくわからないうちに入れられちゃって…」
鑑定員「ローションもほぐしもなしでそのままねじ込まれたの?」
るい「はい。痛かったけどすんなり入りましたね、あははっ」
鑑定員「愛液の量がハンパなくてローション要らずだったんでしょうね」
るい「そんなことありません。普通ですよ。ヘンなこといわないでください。でもローションなしで合計10回ぐらい入れられましたね。当時はウブだったしその人のことが好きだったからできましたけど、もうAFはやらないと思います(笑)」
お椀型のキレイなオッパイ。かわいい乳首が透けて見えそう。
 
鑑定員「ローションなしで10回もAFしたりポカリと間違えてハイター飲んだり、けっこう天然ボケエピソードが多いですけど、るいちゃんはいつからS性に目覚めたんですか?」
るい「難しい質問ですね。日常ではポケっとしていて人当たりもいいタイプの人間なんですけど…。昔からSだったような気もするし、こうしてM男子と接しているうちにS性が芽生えてきているのかもしれないし」
鑑定員「今がターニングポイントなのかな?」
るい「そうかもしれませんね。たぶん、これからわかってくるのではないでしょうか。自分が何者なのかが(笑)」
るいちゃん顔面騎乗まで残り5秒前、の図
 
 
終始物腰やわらかな態度で取材に臨んでいたるいちゃんは、インタビュー中に痴女性を表すことはありませんでしたが、彼女の中に秘められたSの魂をはっきりと感じ取ることができました。風俗嬢としてホヤホヤの彼女はプレイ中に自分をコントロールできないそうです。少女が痴女に変わる瞬間を見ることができるのは、まさに今なのではないでしょうか。

お遊びの際には「ビンビン見た!」も忘れずにお願いしますね〜!


つづく
船橋 デリヘル  
女豹 るい(20歳)

T157 B84(C) W57 H84
 


hyperbingo at 15:22|この記事のURL

2011年05月06日

鑑定068 【ぽちゃ界を震撼させる激カワ娘の正体 の巻】

お友達と一緒にフーゾクに遊びに行って、さあ遊ぶ女の子を写真指名するぞ、というときに思うのは、オンナの好みってホント人それぞれだということ。オッパイがでかけりゃそれでいいというヒト、脚が一番キレイな女の子を指名しようとするヒト。フーゾク界では十人十色の男性の嗜好を上手にキャッチしようと新しいジャンルのお店が登場してきていますね。今回行ってきたのはこんなお店です。










PC : http://www.pochako.com/
携帯 : http://www.pochako.com/i/


千葉 デリヘル
ぽちゃっ子サークル
TEL 043-201-2130

ここは千葉では珍しい「ぽちゃ専」デリヘル。ところで「ぽちゃ」ってナニ? その答えは、ココにあります。同店の人気姫えみりちゃんに登場してもらいましょう! 
えみり(22歳) T153 B89(D) W70 H90

 
えみり「よろしくお願いしま〜す(ペコリ)」
鑑定員「カ・ワ・イ・イ…。貴女がぽちゃフーゾク界のアイドル、えみりさんですね?」
えみり「アハッ、そんな話知りません。勝手に作らないでください」
鑑定員「この指名泥棒! この!(プニ)、このこの!(プニプニ)」
えみり「お腹を押すのはやめてください(笑)」
 
↑画像クリックで、大きく表示出来ます!
 
アンケート記入中のえみりさんを激写。ピンクのタンクトップの間からオッパイが見えそう…。
 
鑑定員「オッパイでかいですね〜」
えみり「それがそうでもないんですよ。ウチのお店では小さいほうです。他の女の子はFカップとかGカップとか当たり前にありますよ」
鑑定員「ぽちゃデリヘルってやっぱり爆乳揃いなの?」
えみり「はい。巨乳専門店といっていいと思います」
鑑定員「ところで、えみりちゃんがフーゾクに入ったきっかけは?」
えみり「キャバクラとフーゾクどっちにしようかなとしばらく悩んだんですよ。でも私はお酒が弱いので、フーゾクにしてみました」
鑑定員「一見、酒豪っぽいですけど、お酒飲めないんですか?」
えみり「それはどういう意味でしょう? あのね、アタシお酒に飲まれちゃうタイプなんですよ」
鑑定員「酒乱ですか?」
柔らかそうなオッパイ。というか、全身がオッパイみたいです。
 
えみり「酒乱とまではいかないと思うんですけど…。アタシ、酔っぱらうとネコみたいになっちゃうんです。近くにいる人にベッタリとくっついちゃうの。なりふりかまわず、だれにでも…」
鑑定員「なりふりかまわずってことは、きっとお酒の失敗談がありますね?」
えみり「たくさんあります。合コンとかに行くと…」
鑑定員「合コン中にナニをしちゃったのかな?」
えみり「アハハッ。合コンの席でナニをしたわけではないのですけど、あるときにね、3対3で合コンしたんですよ。そこで飲み過ぎちゃって…」
鑑定員「1人で一升瓶空けちゃったとか?」
えみり「いいえ、たしかカシスオレンジ2杯だったと思います(笑)」
鑑定員「カクテル2杯で酔っぱらって脱いじゃったの?」
えみり「脱いではいません。途中でトイレに行ったんですよ。おしっこをしてトイレの外に出てきたら、たまたま合コンで一緒だった男の子と出くわしちゃったんです」
鑑定員「え? 合コンで一緒だった男の子のをくわえちゃった?」
えみり「くわえたんじゃなくて、出くわしたんですよ! 酔っぱらいのアタシはその男の子にちょっかいを出しはじめちゃって。トイレの前でディープキスしちゃったんですよぉ、アハハハッ」
鑑定員「トイレから出てきてたまたま出くわした男性が、隣の席のオッサンだったり、枝豆を運んでいる従業員とかでもディープキスしちゃったわけ? みさかいのないオンナだなあ」
えみり「いいえ、そこまでは壊れていなかったと思います。相手はそこそこカッコイイ人だったから」
 
 
鑑定員「それで、その後どうなったの?」
えみり「えー?『もうガマンできないね』って。うふふふっ」
鑑定員「たかがカシスオレンジ2杯でなにを言っているんですか」
えみり「だからお酒が弱いって言っているじゃないですか。結局その男の子とその場でこっそり打ち合わせをして、他のメンバーに1人ずつ理由をつけて合コンの席を抜け出しちゃったんです、で、そっこうホテルに行って本能剥き出しでエッチしちゃいました」
鑑定員「本能剥き出しはいいんですが、3対3の合コンで男女が1人ずつ抜けたらバレバレじゃないですか」
えみり「そうですよね。せめて1次会が終わるまで待つべきだと思うんですけど、そこをガマンできないのが酔っぱらいのアタシなんです(笑)」
鑑定員「翌日、他のメンバー2人に怒られませんでしたか?」
えみり「すべてを白状しました。『アンタが好きそうな男だから仕方ないね』っていってくれました」
鑑定員「えみりちゃんという人をきちんと理解しているんですね。寛大でいいお友達だこと」
えみり「本当ですよね(笑)」
鑑定員「それで、お酒を飲んでいない普通のえみりちゃんは男性に対してどんなアプローチをするの?」
えみり「くっついています」
鑑定員「酔っぱらいのときと同じじゃないですか」
えみり「はい(笑)。でも普段は理性が働いているのでTPOを考えています」
鑑定員「相手がお客さんでも同じですか?」
えみり「同じです。アタシはお店でもプライベート感覚ですので」
鑑定員「具体的にはどんな風なの?」
えみり「隣に座って手を握ってベタベタと。相手が高ぶってきたら一緒にシャワーに行きます。ロングコースであればゆっくり混浴もできますよ♪」
抱き心地がよさそうなボディ。お肌も剥きたてのゆで玉子みたいにツルツルなんです。
 
鑑定員「混浴で力を発揮しそうな女ですね」
えみり「うふふ、そうなんです。狭い場所でベタベタするの、好きです(笑)。私の場合、たいていお風呂場でムードがデキあがっちゃうんです」
鑑定員「ほぉ。どんな仕掛けがあるんですか?」
えみり「あのね、お客さんにアタシの身体を洗ってもらうんですよ」
鑑定員「普通、逆ですよね?」
えみり「ソコがポイントなんです。まずは両手にボディシャンプーをたくさんつけてもらったお客さんにアタシの背後に回ってもらって、手を前に伸ばして身体を洗ってもらうの。すると自然に私のオッパイにお客さんの手が伸びるじゃないですか。そのあとに今度は正面で向き合いながらアタシがお客さんの体を洗うの。左右に身体を振ると、オッパイがイイ感じにお客さんの体を滑るんです、うふふふ」
 
お顔を見せられなくて残念ですが、アイドルみたいな顔をしています。モテるんだろうなぁ、きっと。
 
鑑定員「ぽちゃっ子のボディを十二分に堪能できそうですね。フェラはどんな感じ?」
えみり「だ液の量がハンパじゃないっていわれます。あと音が大きいみたいです」
鑑定員「ジュルジュル音が?」
えみり「はい。肺活量が普通の人の10倍ぐらいあるように感じると思います。私、オチ○チンを舐め出すと止まらないんです。舌も唇も勝手にベロベロと動いてオチ○チンがグッチョングッチョンになります」
鑑定員「本能剥き出しフェラですね。ところでえみりちゃんのアソコは狭いそうですね?」
えみり「よくいわれるの。アソコの中の気持ちいい場所に指が当たると、キュウって締まって指が抜けなくなりそうになるみたいです」
鑑定員「それはスゴい。ところで、えみりちゃんはオナニーは1時間もかけてするんですって?」
えみり「気がついたらそのくらい時間が経っているんですよ」
鑑定員「1時間のオナニーってどんなメニュー構成なんだろう?」
えみり「必要なのは私とベッドとバイブとローターです(笑)。まずはローターで4回ぐらいイクんです。次にバイブを投入して2回イキます」
鑑定員「ひとりで声も出すの?」
えみり「大声出します。イク! イクッ! もっとしてぇ〜って。自分しかいないのに(笑)」
 
顔がカワイくて性格が真面目で根がエロエロという風俗嬢にはなかなか出会うことがないんですが、えみりちゃんはそのすべてを持っていました。取材中にも彼女の指名オーダー電話が入ってきていました。ぽちゃ店デビューを考えているアナタ、普通に満たされたいというアニキにもオススメできる女の子です。正直、ボクもお客さんになりたいです!

お遊びの際には「ビンビン見た!」も忘れずにお願いしますね〜!


つづく
千葉 デリヘル  
ぽちゃっ子サークル えみり(22歳)
TEL:043-201-2130 T153 B89(D) W70 H90
 


hyperbingo at 12:58|この記事のURL