2011年11月

2011年11月21日

鑑定081 【秋の収穫祭 色づく人妻 の巻】

房総半島の秋がめっきり深まってまいりましたが、ビンビンウェブをご覧の皆さまはいかがお過ごしでしょうか。今回は、赤や黄色に色づいている千葉の人妻たちを一気に収穫してしまおうというコンセプトのもとに、ある人妻専門店にお邪魔してみました。行ってきた店はこのお店です。










http://sakae.mjiduma.net/

千葉・栄町 人妻 デリヘル
ムラムラM字妻栄町店
TEL 043-202-5230

だれもが耳にしたことがある名前ではないでしょうか? 店名を聞いただけでムラムラしてきます? さあ、今回のターゲットは、千葉の人妻フーゾク界をリードする『ムラムラM字妻』の千葉栄町店からのご登場です!
 
なつみ(36歳) T164 B83(C) W57 H86
 
なつみ「はじめまして、ンフッ♪」
鑑定員「カワイイ声。ステキなエロ笑い。さすが人妻ですね」
なつみ「褒めていただいてありがとうございます。なにせ2回も結婚しておりますので」
鑑定員「オモシロ話がたくさん聞けそうですね。まずはアンケート用紙に記入をお願いします」
なつみ「は〜い」
 
しっとりとしたムードでアンケート用紙を埋めていくなつみさん。
 
↑画像クリックで、大きく表示出来ます!
 
鑑定員「2回結婚しているなつみさんは、きっと恋多き女なんでしょうね」
なつみ「1回目は10代の時にノリでうっかり婚姻届にサインしちゃったんですよ。デキ婚でもなく」
鑑定員「駆け落ちですか?」
なつみ「そんなドラマチックな話でもないんです。当時私はキャバクラに勤めていたんですけど、相手というのがお客さんだったんですよ、18歳なのに私に会いに毎日お店に来てくれていて」
鑑定員「キャバクラで毎日遊べる18歳ってどういう人なんですかね?」
なつみ「今考えれば、18歳の収入で毎日キャバクラに来られるわけがないんです。そういうこともわからないほどウブだったんです、当時の私は」
鑑定員「お金を借りてキャバクラに来ていたわけかな?」
なつみ「結婚後にそれが発覚しました。結局ダンナが私のために使ってくれたはずのキャバクラ代は私が自分で働いて返したの(笑い)。ダメダメですよね。ダンナがそんな人だから案の定結婚生活もうまくいかず、結婚式も挙げることもできず、離婚しました」
鑑定員「結婚生活はどのくらい続いたの?」
なつみ「けっこう続いたんですよ、約10年です」
鑑定員「ノリで結婚したわりに10年は長いですね」
なつみ「途中からセックスレス夫婦だったですけどね。借金癖が治らないダンナに愛想をつかして私は不倫していました」
人妻にしか出せない妖艶な下半身のたたずまい。
 
鑑定員「不倫したのはいつ頃?」
なつみ「別れる数年間でしたね。ダンナとはもうセックスしたくなかったんですよ。もともとあまり好きじゃなかったんです、ダンナのこと」
鑑定員「ちょっと待って。もともと好きじゃないのにどうして結婚したの?」
なつみ「う〜ん。『情』ですかね。結婚する前に1年間一緒に住んじゃったんですよ」
鑑定員「同棲期間は彼のこと好きだったんですか?」
なつみ「ちょっとは。いい子だなあぐらいに思っていたかなあ」
鑑定員「不倫相手はどんな人?」
なつみ「妻子持ちでした」
鑑定員「どこで知り合ったの?」
なつみ「バーで逆ナンしました。ンフフッ♪ すっごいタイプだったんですよ」
鑑定員「ちなみにタイプってどんな?」
なつみ「あのときは…」
鑑定員「ちょっと待って。好きなタイプがコロコロ変わるんですか?」
なつみ「変わります(笑)。その時の私のタイプはスーツが似合う年上の人でした」
鑑定員「なるほど。で、2回目の結婚はどうですか?」
なつみ「こんどの人は仕事熱心です(笑)。ギャンブルもやらないし」
鑑定員「浮気はされていないの?」
なつみ「ンフフッ。どうなんでしょう?」
鑑定員「バレないようにやってくれればいい、という考えですか?」
なつみ「そうですね。バレたら許しませんけどね、相手の女を(笑)」
鑑定員「なつみさんが風俗で働いていることをダンナさんは知っているんですか?」
なつみ「知らないです(笑)」
 
普通に立っているだけなのに、なまめかしさを感じます。
 
鑑定員「では、なつみさんが風俗をやっている理由は?」
なつみ「将来のための貯金と、実家を援助したいからです。でもフーゾクの仕事が楽しくてやめられないというのが正直なトコロかな」
鑑定員「どういう所が楽しいですか?」
なつみ「下半身が楽しいです(笑)」
鑑定員「アンケートには『けっこう毎回イカされる』と書いてありますが、下半身は相当強靱なんですね?」
なつみ「いえ、強靱じゃないです。イクとど〜っと疲れますよ。でも気持ちよくてイクのをやめられない(笑)」
鑑定員「指マンでイクの?」
なつみ「はい。毎回イカされるとグッタリしちゃいます。アソコが壊れる寸前までイキまくりますので」
鑑定員「激しくされると潮を吹くそうですね?」
なつみ「吹きます。イク直前にお漏らしみたいドバドバと…。私、男の人にも潮吹きさせたことありますよ」
鑑定員「男の潮吹きですね。どうやって吹かせたの?」
なつみ「本人の言うとおりにしてあげただけなんですけど、イった直後にやさしく握ってあげてそうっとしごくんですよ。カリを重点的に。そしたら1分後ぐらいにビャッビャッって出ました、いっぱい。その人、自分に顔射してました。おもしろかった(笑)」
鑑定員「なつみさんはアソコ以外にはどこが感じるの?」
なつみ「なぜか、右乳首だけが感じるんですよ。左はそうでもないんです(笑)」
鑑定員「右乳首をレロレロされたあとは?」
なつみ「焦らしを入れながら下の方に来てほしい。触ってほしいアソコをパスされて、太もも辺りをサワサワされたりすると、弱いですね」
鑑定員「クリトリスは?」
なつみ「クリは痛いんですよ。皮の上からだったら大丈夫なんですけど、剥かれると痛いんです。敏感すぎるみたい」
鑑定員「皮の上からそうっと指先で触れるように?」
なつみ「はい。その通りです」
 
鑑定員「そのあと、なつみさんは大好物の指マンに入るわけですね? もう濡れているの?」
なつみ「私、フェラすると濡れちゃうんですよ」
鑑定員「変態ですね」
なつみ「えっ? そういうものじゃないんですか? 私だけ?」
鑑定員「わかりません。フェラで濡れるということは、先になつみさんがペロペロ始めた方が都合がいいわけですね?」
なつみ「はい。私から仕掛けます。しばらくフェラしていると、男の人ってムクって起きてくるじゃないですか」
鑑定員「アハハハ。自分も触りたいからですね?」
なつみ「そうなったらポジションチェンジして、責めてもらいます」
鑑定員「フェラするだけで濡れるオマンコって便利ですね」
なつみ「ホント濡れやすいんです。アタシ小学校3年の時からそうだったんですよ」
鑑定員「ええ? 小学校3年の時にフェラしていたの!?」
なつみ「ちがう、ちがう。フェラはしていませんよ。濡れていたというだけです。アタシ小3で目覚めちゃったんですけど、その時のことはよく覚えていますね」
鑑定員「ナニを見て濡れたんですか?」
なつみ「見たんじゃなくて感じたの(笑)。教室の机の角に偶然私のお股が当たったんです。アッって思いましたよ。なにかフィットしたなって。なんかシビれる気持ちよさがあるなと。それでお家帰って触ってみたら気持ちよかったの。それが初オナニー」
鑑定員「それってクリトリスが気持ちいいってこと?」
なつみ「机に当たったってことはそういうことです。敏感すぎるんですよ。だから今クリちゃんを触られると痛いんじゃないかなあ」
鑑定員「オナニーでイケるようになったのはいつ頃なの?」
なつみ「20代になってから」
鑑定員「初オナニーが小3のわりに、遅くないですか?」
なつみ「10代の頃に一度男性不信に陥ったことがあって、それで性感が発達するのが遅れたのだと思います」
鑑定員「男性不信ってどんな?」
なつみ「男性に触れ合うのが怖くなった時期があったんです。高校時代、学校帰りに車で拉致られて西船に連れていかれたことがあって」
鑑定員「西船って言われても(笑)。ラブホ?」
なつみ「そうです。自力で逃げ出して事なきを得たのですけどね。そのあとも痴漢とか変質者によく遭遇するようになって。友達に相談したら『オマエは同類だからだよ』っていわれました。ヒドくないですか?」
鑑定員「同類かどうかは判りませんが、ヘンな人を呼ぶ電波を発していたのでは?」
なつみ「それも友達にいわれました。忘れられないのが電話ボックス事件。私が電話をかけようとしていたら、全裸にコートを着たオヤジにノックされて。ビックリして、入られないようにドアを固めようとしたら、逆にどーんと開けちゃって(爆笑)」
鑑定員「逆に全裸のオヤジのほうがビックリしたんじゃないですか? やはり同類と思われてもしかたないですね」
なつみ「同類ではありません!」
脱ぐとこの通り、スタイル抜群!!
 
鑑定員「ところで、なつみさんはAVが好きなんですって? レンタルDVD屋さんで普通に借りるの?」
なつみ「いいえ。恥ずかしくてそれができないのでアマゾンで買っちゃいます」
鑑定員「どんなジャンルが好み?」
なつみ「巨乳モノとか3Pとかですね。きっと自分にないものを求めているんです」
鑑定員「3P経験はないのですか?」
なつみ「それがないんですよ。私やりたいんですけどねー。キャバクラ時代に一度だけチャンスがあったんです。男友達から電話がかかってきて『今日これから3Pやろう』って誘われたの。私イヤだって断ったんですけど、しつこくお願いされて面倒くさくなって『じゃあとりあえずキャバクラの仕事が朝5時で終わるから、店まで迎えに来て』って言ったんですよ」
鑑定員「それでそれで?」
なつみ「私はもうもうドキドキしっぱなしで、接客しながらも頭の中がピンク色なわけです。イヤと言いつつも本当は3Pやりたかったから。仕事が終わって朝5時にずっと店の前で車の迎えを待っていたのに、3P男子は来なかったんです!」
鑑定員「すっぽかされたの?」
なつみ「あとで電話で聞いたら、そいつら朝5時にはすでに酔い潰れて寝てしまっていたらしい。口ではイヤだと言っていた手前『どうして来なかったのよ!!』って言えなかったんです(笑)」
鑑定員「正直に『アタシ仕事休んで3Pする♪ 今すぐ迎えに来て』っていっておけばねえ」
なつみ「当時はそんなこと言えなかったんですよ。今だったらゼッタイにそうしますけどね(笑)」
今回は特別、裸エプロン姿を披露してくれました。
 
 
フーゾクの仕事は「ダンナには申し訳なく思うけど、楽しいからやめられない」というなつみさんの言葉は、ご主人に黙って風俗でバイトをしている人妻たちの心の中を代弁しているようでした。フェラをするだけで濡れてしまうというなつみさんに興味がある方、一度遊びに行ってみてはいかがですか? なかなか会うことがないレベルのエロ妻ですよ(笑)。 

お遊びの際には「ビンビン見た!」も忘れずにお願いしますね〜!


つづく
千葉・栄町 人妻 デリヘル  
ムラムラM字妻栄町店 なつみ(36歳)
TEL:043-202-5230 T164 B83(C) W57 H86
 


hyperbingo at 11:46|この記事のURL

2011年11月04日

鑑定080 【芸術的な「恥ずかしさ」 の巻】

千葉県内で遊べる、ヌいてくれるカワイイ娘を探せ。そんなコンセプトで旅を続けてきた「突撃!風俗鑑定団!」はめでたく今回で80回目を迎えました。思えばこんなことやあんなことが…。え? 感傷に浸っているヒマがあったら早くカワイイ娘を紹介しろ? わかってますよ、ダンナ。今回も極上の美女を掘り出してまいりましたぜ! 行ってきたのはこのお店です!!










PC : http://www.ai-chiba.net/
携帯 : http://www.ai-chiba.net/i/


千葉・栄町 デリヘル
あいにいくよ

千葉県でとびっきりカワイイ娘を集めているデリヘルですね。今回は80回目のアニバーサリーということで、とびっきりカワイイ娘を集めているお店の中にいるとびっきりの美女に取材を申し込んじゃいました。では登場してもらいましょう!
 
あかね(19歳) T165 B85(E) W57 H85
 
あかね「こんばんは〜」
鑑定員「出たぁ〜!!」
あかね「どうしました?」
鑑定員「芸能人? モデル? 叶姉妹の関係者?」
あかね「ぜんぶ違いますけど」
鑑定員「いやぁ第80回記念を飾るにはふさわしい美女ですね!!」
あかね「そんなことないです。風俗鑑定団って80年の歴史があるんですか?」
鑑定員「はい(←うそつけ)」
 
アンケートに記入中のあかねちゃん。やはり気になるのがこの谷間…。
 
↑画像クリックで、大きく表示出来ます!
 
鑑定員「あかねちゃんってHPの写真と現物とのイメージがだいぶ違いませんか?」
あかね「よくいわれます。あれは1年以上前に撮った写真です。たしか体験入店が終わった直後に店長に撮られたような(笑)」
鑑定員「なるほど、フーゾクのことなんてまだ私ナニも知りませんという初々しい感じが伝わってきますね。その頃の私と1年経った現在の私はどこが違いますか?」
あかね「見た目では大人っぽくなったと思いますけど、中身はさほど変わっていないと思いますよ」
鑑定員「オッパイは大きくなりましたね?」
あかね「いや、それは変わっていないです!」
鑑定員「盛るのが上手くなった?」
あかね「あははっ。下着が違うだけです。失礼ですね」
鑑定員「他に何が上手くなりましたか?」
あかね「ええー? やっぱり…フェラとか素股とかかなあ」
鑑定員「フェラではどんな成長を?」
あかね「だ液をたくさん使えるようになりました」
鑑定員「AVみたいにニヤニヤしながら亀頭にダラ〜って垂らすの?」
あかね「そんなこと恥ずかしくてできません。さりげなくです」
鑑定員「素股は?」
あかね「最初は正常位しかできなかったんですけど、今では乗っかることもできるようになりましたね(笑)」
鑑定員「人に乗っかるというのは精神的に図太くなった証拠ですね?」
あかね「そういうことではないと思いますけど」
洋服のセンスも抜群! 白い太ももも超ソソる!
 
鑑定員「体験入店当時、男性体験人数はどのくらいだったのですか?」
あかね「え? この頃? たぶん4人ぐらいだったんじゃないかなあ。んふふふ」
鑑定員「今と比べればウブですね? チ○チン4本しか見たことなかったわけですから」
あかね「あはは。まあそういう意味ではたしかにウブでしたね」
鑑定員「風俗に入ったきっかけは?」
あかね「自分からやろうと思って行きました。その当時、本当にお金がなかったんです。風俗嬢になってようやく好きなモノが食べられるようになって、アタシ太ったんです(笑)」
鑑定員「何を食べるようになったの?」
あかね「え? 外でラーメンとか食べる余裕ができましたね。体重でいって3〜4キロぐらい増えました」
鑑定員「騎乗位素股中に『あかねちゃん重くなったね』っていわれませんでした?」
あかね「あはは。いわれたかもしれません」
鑑定員「騎乗位素股中、あかねちゃんはどんな顔をしているんですか?」
あかね「ええ!? 顔? わかりませんよ、そんなの。でも照明を暗くしているので、相手にも顔はあまり見えないと思いますよ。アタシ恥ずかしがり屋なので今でもできるだけ裸を見せたくないの…」
鑑定員「顔が見えないくらい暗くするの? ホラー映画みたいになりませんか?」
あかね「いや、そこまで暗くないです。さすがに顔が見えないところまでは暗くしませんけど(笑)、細かい場所はできるだけ見えないように…。アタシ、お風呂の時点で暗くします、んふふ」
鑑定員「お客さんが『明るくして』っていったら?」
あかね「それはもちろん、明るいままでします」
鑑定員「じゃあ『明るいままでして』っていったほうが得じゃないですか」
あかね「あははっ。得とか損とかいう問題なんですか?」
鑑定員「プライベートでも暗くするの?」
あかね「そうですよ。プライベートだったら『暗くしないんだったらヤラせない』って言っちゃいます、アタシ(笑)」
 
この長くてキレイな脚を見てください! 完璧なプロポーション!!
 
鑑定員「あかねちゃんのフェラってどんな感じなの?」
あかね「ええ? 普通ですよ、普通(笑)」
鑑定員「普通じゃわからないなあ」
あかね「えっと、まずは全体をチュッ、チュッ、チュッ、チュってしながら…」
鑑定員「おおっ!!」
あかね「ええ!? ヘンですか?」
鑑定員「いえ、電気暗くしてサボっているのかと思っていたので」
あかね「ひどぉい。サボるために電気消しているなんていっていないのに」
鑑定員「ごめんなさい。それで、チュッ、チュッしてから?」
あかね「裏スジを舌で転がしていきます」
鑑定員「その美しい顔が裏スジを? 聞いているだけでビクビクってきます。タマは?」
あかね「チロチロします。2つあるのを丁寧に1つずつナメたりくわえたりします。もう恥ずかしいなあ…」
鑑定員「なるほど、2つ同時にはナメないと」
あかね「2つ同時は難しいと思うんですけど。みんな2つ同時にナメるもの?」
鑑定員「わかりません。で、その後は?」
あかね「ナメるところがなくなるまでナメたら、カポっといきます(笑)」
鑑定員「ヤルじゃないですか。ある意味、暗くすれば何でもデキちゃうわけですね?」
あかね「何でもデキるわけじゃないですけど、そういことをしているアタシの顔を相手にガン見されるのが恥ずかしいんです」
 
鑑定員「プライベートではその乳を武器にして男を食いまくっているんですか?」
あかね「全然です。乳を武器になんてしていませんし(笑)」
鑑定員「今日みたいなファッションをされたら、男は必ず谷間に目が行きますけどね」
あかね「そうなんですか? アタシ武器なんて何もないし、自分から男に近寄っていくことはありません」
鑑定員「待ちのあかね?」
あかね「はい(笑)。キホン好きになってくれた人を好きになります」
鑑定員「好きな人が自分に振り向いてくれなそうだったらあきらめるの?」
あかね「あきらめますね(笑)」
鑑定員「フリーの時に告白されたら、相手がイヤじゃなければとりあえず付き合ってみる?」
あかね「うん」
鑑定員「何回告白されて、そのうち何回OK出しました?」
あかね「そんなに、告白されていないですって。むしろフラれた数のほうが多いくらい」
鑑定員「フラれたってことは、自分から告白しに行っているってことじゃないですか?」
あかね「若い頃はそうだったんです。中学ぐらいの時はガンガン自分から行ってました(笑)」
鑑定員「初カレは?」
あかね「中学の時ですね。その人は自分から行きました、んふふふ」
鑑定員「本当は全部自分から行っているんでしょう? オッパイふぎゅふぎゅしながら」
あかね「行ってないですよ!」
鑑定員「フラれた回数は何回ぐらい?」
あかね「えー、ほとんどフラれていますよ。ぜんぶで5〜6人ぐらい?」
鑑定員「そのルックスをもって、なにゆえ5、6人にフラれるわけ?」
あかね「もう…すべて、悪いからホントに(笑)。そう、同じ人に3回フラれています」
鑑定員「同じ人に3回コクった? 懲りない人ですね」
あかね「そうですね(笑)。それほど好きだったんだと思います」
鑑定員「その人、やさしい人だったんですね。毎回あかねちゃんを傷つけないように断って…」
あかね「そうですね。やさしいし、思わせぶりだったんですよね」
鑑定員「でも冷静に考えて、1回目に断った相手に2回目でOK出すって、ありえなくないですか?」
あかね「あはは、ありえない」
お見せできないのが残念ですが、フランスの女優みたいな横顔です。
 
鑑定員「あかねちゃんはどういう人がタイプなの?」
あかね「男らしい人。私が優柔不断なので、引っ張ってくれる人がいいです。少し強引なくらいのほうが合います」
鑑定員「でも、付き合ったら付き合ったで、あかねちゃんのほうが強くなったりするんでしょう?」
あかね「あはは、そうですね。付き合って何ヶ月かすると本性が出るかも」
鑑定員「付き合った人にフラれたことはあるの?」
あかね「あります、あります。いつもフラれています」
鑑定員「フラれてばっかじゃないですか。なにゆえ?」
あかね「それは私が聞きたいです。たぶん自己チューだからだと思います(笑)」
鑑定員「目の前にケーキが2つあって、それを両方食べちゃうとか?」
あかね「そんなことはしませんよ」
鑑定員「ケンカした時に絶対にゆずらないとか?」
あかね「そういうところはありますね。ケンカして、自分が悪かったときはいちおう謝るんです。それでも相手が怒っていると、『謝ってるじゃん!』って逆ギレしちゃって…(笑)」
鑑定員「強引な男子と付き合っているからじゃないですか?」
あかね「そうかも。アタシ優柔不断だけど、気は強いのかなあ」
嗚呼、脱がせてしまいたい…。
 
鑑定員「プライベートでHの相性って気になりますか?」
あかね「プライベートではHは受身なので、相性というより、テクニックがあるのか、ないのかだと。でもぶっちゃけ、Hが上手いヒトと付き合ったことないんですよ」
鑑定員「それは問題ですね。あまりイカせてもらえなかったの?」
あかね「私プライベートのHでイカせてもらったこと1度もないんです」
鑑定員「私生活でイッたことがない女」
あかね「そんな言い方しないでください。イキそうになったことは何度もあるんですけど、いつもほんの先に相手がイッちゃうんです(笑)。お客さん相手では2回イッたことあります」
鑑定員「たった2回? 中で、クリで?」
あかね「各1回ずつ(笑)。クリはローターで、中は手マンでイキました」
鑑定員「ということは、オプションでローターは必須ですね」
あかね「1回しかイッたことないですけどね」
鑑定員「他にOKのオプションにペンライトってありますけど?」
あかね「なんですか、ペンライトって?」
鑑定員「あかねちゃんのおマ○コを照らすアイテムですよ」
あかね「ええ? そんなことをしたい人っているんですか?」
鑑定員「あかねちゃんみたいに、裸を見せたくないという恥ずかしがり屋さんを辱めるにはもってこいのアイテムかと」
あかね「そんなの恥ずかしい。困るー」
鑑定員「放尿もOKになっていますけど?」
あかね「それは全然恥ずかしくないんです」
鑑定員「どうして?」
あかね「自然な生理現象じゃないですか」
鑑定員「コスプレは?」
あかね「恥ずかしいです。着替えてから「じゃーん」ってお客さんの前に登場する瞬間、どういう顔をしていいかわからないんですよ」
鑑定員「それではお時間が来ました。最後にメッセージをどうぞ」
あかね「ええー? 恥ずかしいです(笑)」
 
フランスの女優のように白く透き通るような肌をした美女の正体はものスゴい照れ屋さんでしたが、それでもガンバって恥ずかしい話に付き合ってくれました。 今回感じたことは「恥ずかしさ」とは芸術の一部なんだな、ということ。彼女と接していると、そう感じずにはいられません。

お遊びの際には「ビンビン見た!」も忘れずにお願いしますね〜!


つづく
千葉・栄町 デリヘル  
あいにいくよ あかね(19歳)

T165 B85(E) W57 H85
 


hyperbingo at 16:07|この記事のURL