2012年11月

2012年11月20日

鑑定105 【栄町の爆乳エロテロリスト(美女)参上 の巻】

どんな街にも必ずひとりとっぴょうしもないエロい女性っているものですが、千葉栄町を歩いているとエロいお姉さんが多いこと多いこと。今回はそんな中でもズバ抜けてエロオーラを振りまいていることで有名なお姉さんにアポイントを取りました。行ってきたお店はこちらです。










PC : http://www.onepiece0910.com/
携帯 : http://www.onepiece0910.com/i/


千葉 ホテルヘルス
ワンピース
TEL 043-224-3233

千葉栄町発のデリヘル「ワンピース」はJK制服、体操着、スクール水着、メイド、ナースなどのコスプレと14種類のオプションを組み合わせて自分の好みの妄想プレイがたんのうできるお店。今回登場してくれるエロ姉さんはAFもこなしてしまうツワモノであります。さっそく登場してもらいましょう!
 
 
しおん(23歳)T156 B98(H) W58 H86
 
ふぎゅふぎゅ
ふぎゅふぎゅ
 
鑑定員「コレなんの音?」
しおん「ごめんなさい、オッパイが机にコスれているのかも」
鑑定員「気持ちいいですか?」
しおん「少しだけね(笑)」
鑑定員「千葉栄町で一番エロいってウワサは本当ですか?」
しおん「ええ? だれがそんなこと言ったの?」
鑑定員「とりあえずアンケートからお願いします」
 
↑画像クリックで、大きく表示出来ます!
 
栄町のエロテロリストの正体は爆乳美女でした!
 
麗しいく涼しげなお目々がセクシー。透けブラウスの中身が気になります。
 
鑑定員「そんな大きなオッパイをぶら下げて毎日大変じゃないんですか?」
しおん「大変ですけど、小さい頃から大きかったので慣れています。ちなみに10代の頃のあだ名はホルスタインでした(笑)」
鑑定員「初ブラはいつ?」
しおん「小4です。その時点でCカップあったんです。ノーブラでランドセルを背負った子供がフラフラと登校しているわけですから問題ありでしょう? それに小4の頃の健康診断はオッパイ丸出し。恥ずかしかったなあ。病気なのかなって思っていました」
鑑定員「ノーブラ・ランドセル時代に会いたかったです。初ブラはお母さんが買ってくれたの?」
しおん「はい。オッパイ家族会議が行われた結果、小4の私にブラが買い与えられました。ブラはよかったんですけど、パンツがなぜかTバック。お母さんの趣味でした(笑)」
鑑定員「小4の子供がTバックとな?」
しおん「パイパンTバック小学生でした(笑)。オッパイは小6でEカップでしたよ」
鑑定員「その頃に付き合いたかった。で、アソコから毛はいつ生えたの?」
しおん「中2ですね。そっちは遅かったんです」
 
グレートな谷間がついに露出。
 
鑑定員「アンケートによると、初体験は高校生の時ですね?」
しおん「はい。お父さんの部屋からAVを奪ってきて、私のお部屋で彼氏と一緒に観たんです。それで見よう見まねで私たちもやってみたんですけど、なかなか入らなくて。やっとブスって刺さったと思ったら、そこはアナルでした(笑)」
鑑定員「AF好きのしおんさんの歴史の1ページですね」
しおん「そういうことです(笑)」
しおんさんのただならぬエロオーラ、伝わりますか?
 
 
鑑定員「初体験前にオナニーはしていたの?」
しおん「していました。中1の時に友達に教わったんです。その頃からオナニーは3回イッて1回のワンセット15分という習慣がつきました」
鑑定員「中学生の女子ってみんなオナニーしているの?」
しおん「していると思いますよ。男の子と同じでしょう」
鑑定員「Hを覚えてから、オナニーの方法は変わりました?」
しおん「穴になにかを突っ込みたくなるようになりましたね。バイブを床に固定して騎乗位オナニーをしていました。おかげで騎乗位が得意なの(笑)」
鑑定員「エロテロリストになるための訓練だったのですね」
しおん「高校の時はローターを持ち歩いていましたね。ケータイ動画とローターがあればどこでもオナニーできるから。どうしてもムラムラする時ってあるじゃないですか」
鑑定員「そうなんですか? どこでもオナニーって例えばどこでするの?」
しおん「コンビニのトイレとか(笑)。今でもオナニーはローターを使います。お店のオプションにローターとオナニー鑑賞があるので、よかったらセットで付けてください(笑)。私のイクとこ見せてさしあげます」
Hカップのブラが支えきれていないボリューム満点のオッパイ。
 
 
鑑定員「オプションといえばしおんさんはAFが得意みたいですね?」
しおん「ローションがあればスッポリ入ります。正常位、騎乗位、バック、立ちバックと体位も色とりどりですよ(笑)」
鑑定員「その中で一番オススメな体位は?」
しおん「私のほうでコントロールができる騎乗位ですね。AFの時に男性が気持ちいい場所ってアナルの入口なんです。カリがアタシのアナルの入口付近で擦れるように調整できるから」
鑑定員「さすがですね。AFって気持ちいいの?」
しおん「超キモチいいですよ。何回でもイケるの。アナルの入口を固いのが通過するときにちょっと痛いんですけどそれがイイの。アナルはアナルだけの気持ちよさがあるんです。大好き(笑)。AF未経験のお客さんにぜひ来てほしいなー」
鑑定員「AF童貞狩りですね。ところでしおんさんのパイズリに興味がある方も多いと思います」
しおん「私を選んでくれる方はオッパイが好きな方が多いので、パイズリは『やって』って言われる前にしています。毎回必ず。ここだけの話、お風呂場でオチ○チンを洗うときにパイズリしちゃうの。そこでドピュって出ちゃうヒトもたまにいます(笑)」
 
1メートル以内に近寄られるとムスコがピクリと反応してしまう。しおんさんはそんな女性でした。ルックスだけではなく人当たりの柔らかい性格にも非常に好感が持てました。Hカップ98センチ乳を使ったパイズリに4種類の体位で魅せるAF。テクニックも申し分なし! しおんさんに興味を持ったアニキ、遊びに行かないときっと後悔しますよ〜!

お遊びの際には「ビンビン見た!」も忘れずにお願いしますね〜!


つづく
千葉 ホテルヘルス  
ワンピース しおん(23歳)
TEL:043-224-3233 T156 B98(H) W58 H86

 


hyperbingo at 12:23|この記事のURL

2012年11月05日

鑑定104 【市原発イキ過ぎ濡れすぎ疑惑オンナ、事情聴取へ の巻】

風俗鑑定団が市原発市にやって来たわけは市民からの通報でした。某風俗店に濡れ過ぎイキ過ぎなオンナがいるという情報が鑑定団にリークされたのであります。いったいどのお店のだれなのでしょう?










PC : http://bicho2.net/
携帯 : http://bicho2.net/i/


市原発 デリヘル
びちょ美女
TEL 0436-26-5177

市原発の「びちょ美女」は男の極み専門店をうたうデリヘル。恋人コースのほかにソフトSコース、ソフトMコースといった男性の嗜好にあわせたコースを設置している。この店に濡れ過ぎイキ過ぎなオンナが在籍しているとか。さっそく取材に行ってきます!
 
 
ひなた(24歳)T154 B83(B) W57 H88
 
鑑定員「ひなたさんですね」
ひなた「はい、ひなたは私です。なにか?」
鑑定員「ひなたさん、ちょっとお話をうかがいたいのですが」
ひなた「貴男はだれなの?」
鑑定員「風俗鑑定員です。貴女に濡れすぎイキ過ぎの疑いがもたれております」
ひなた「知りません、そんなの」
鑑定員「とりあえずアンケートに答えてください」
ひなた「なんのこっちゃ」
 
↑画像クリックで、大きく表示出来ます!
 
ひなたちゃん、アンケート用紙記入中です。
 
鑑定員「では事情聴取を始めます。あなたはイクときに『あっ、だめ〜』『「ムリ〜」『やばい』等、イヤらしい言葉を発する女ということで間違いないですね?」
ひなた「そ、そんな!」
鑑定員「貴女の直筆のアンケートにそう書いてあります」
ひなた「だって具体的に書けって強要されたんだもん」
鑑定員「男性に陰核をペロペロさせるのが趣味だとか?」
ひなた「好きなだけです。趣味なんていっていません」
鑑定員「どうやったらイケるのですか?」
ひなた「クンニです」
鑑定員「もっと詳しい状況説明を」
ひなた「クリちゃんの皮を両サイドに引っ張ってもらって高速で上下に動かしてもらうと簡単にイケます。ローターの動きがヒントです」
鑑定員「なるほど。簡単って時間にするとどのくらいですか?」
ひなた「3分くらいで」
鑑定員「簡単すぎますね」
ひなた「簡単なんだから仕方ないじゃないですか(笑)」
 
 
鑑定員「貴女は中学1年生の時に教師とトイレでSEXをしたのですね?」
ひなた「はなはだ不本意ながら(笑)」
鑑定員「貴女が教師に陰核を舐めるように迫ったんですか?」
ひなた「そ、そんな! 私、先生にダマされたんです」
鑑定員「詳しくお聞かせ願えませんか」
ひなた「日直だった日に、放課後に1人で教室に残って日誌を書いていたんです。そこに巡回の先生がやって来たの」
鑑定員「その教師は何才でしたか?」
ひなた「26、27くらいの独身でした。『いつまで残っているんだ! もう帰りなさい』っていうから私は『ではトイレに行ってから帰ります』っていったんです」
鑑定員「それで?」
ひなた「先生が『生徒用トイレの鍵はもう締めたから職員用トイレを使いなさい。先生もトイレに行きたい』っていうんです。だからトイレまで一緒に行ったんですよ」
鑑定員「本当だな?」
ひなた「本当ですって。私がトイレを済ませて個室から出てきたら、先生がフルチン仁王立ちで腰を動かしているんです」
鑑定員「なんだ、その先生」
ひなた「私は『どうしたの先生?』って聞いたんです。そしたら『象さんがなんたらかんたら』と…」
鑑定員「その教師、頭おかしいんじゃないか?」
ひなた「普通の時はちゃんとした先生だったんですけどね。たしか『これをアイスキャンディーみたいに舐めると象さんが大きくなるんだぞ』って言ったんです」
シーツを直しているひなたちゃんの背後から隠し撮り。
 
鑑定員「それで、まさか舐めたんじゃ?」
ひなた「舐めました。だって断れない雰囲気だったし、襲われたらイヤだから素直に言うことを聞いたんです。舐めているうちにギンギンになりました」
鑑定員「自分がナニをしているのか、わかっていたの?」
ひなた「わかりませんでした。それから『今度は先生がお返しするからパンツを下ろしなさい』といわれて、なにがなんだかわからないままアソコを舐められました」
鑑定員「それで?」
ひなた「それで『洗面台に後ろ向きに立ちなさい』って命令されて、ギンギンのモノが入ってきて中出しされました。でも私、それがSEXだってわからなかったの。日直の仕事の一環なのかなあと」
鑑定員「本当にそう思ったの?」
ひなた「本当にそう思いました。そのくらい純真だったんですよ。あれがSEXだったってなんとなくわかったのは中学2年の時の保健体育の授業でしたね。それでもまだ実感が湧かなかったんですけど、中3の時に彼氏ができて、いざ初体験ということになった時に『あっ! コレは!』って気付いたんです」
スカートからのぞくパンティーがソソる。後ろから襲いかかりたい!
 
股間の近くに寄ってみました。目を凝らして見てみてください。
 
鑑定員「ところで、貴女は20才の時にバイブ感電事件を起こしていますね?」
ひなた「そ、そんな…。そんな昔の話をだれから聞いたんですか!」
鑑定員「詳しくお聞かせ願えませんかね?」
ひなた「ラブホテルの自動販売機で当時の彼氏がバイブを買ったんです。すごく気持ちよくてズボズボしていたら、オマ○コが大洪水になってしまったんです。シーツもビチョビチョでした」
鑑定員「それで?」
ひなた「いきなり『ビリッ』って来たんです。アソコが感電してしまって歩けなくなってしまったの」
鑑定員「それで、警察は呼んだのかい?」
ひなた「どうして警察を呼ばなきゃいけないの(笑)。救急車を呼びましたよ。やって来た救急隊の人にその場で説明したら苦笑いされました(笑)」
鑑定員「で、搬入先の病院の先生はなんと?」
ひなた「先生には大爆笑されました。『キミはバイブは向いていない』って(笑)」
鑑定員「濡れすぎには注意が必要です。いい加減にしてくださいね。それでは事情聴取を終わります」
ひなた「おつかれさまでした(笑)」
 
ボリュームも形のよさも百点満点のお尻!
 
ひなたっちゃんのイキ過ぎ濡れすぎ疑惑に関しては数々の証言により完全にクロという結果に終わりました。見た目はとっても清楚なのですが感度がいささか良好すぎるみたいですね。トラウマでおもちゃ系は苦手だそうですが、クンニは大好きとのこと。責め好きのアナタは、ひなたちゃんの大洪水劇を鑑賞してみてはいかがでしょうか。

お遊びの際には「ビンビン見た!」も忘れずにお願いしますね〜!


つづく
市原発 デリヘル  
びちょ美女 ひなた(24歳)
TEL:0436-26-5177 T154 B83(B) W57 H88
 


hyperbingo at 15:40|この記事のURL