2013年02月

2013年02月20日

鑑定111 【妄想型ドM泡姫、大いに夢想する の巻】

たった今、千葉市内で仕事帰りに遊びに行こうと思っている皆さま、お風呂に入ろうと思っている皆さま! ムラムラがとまらない皆さま! お待たせいたしました!! 皆様の期待に応えるべく、今回風俗鑑定団が向かった先は千葉栄町にあるソープランドであります。行ってきたのは…このお店です!!










PC : http://www.purazaten-fuji.com/
携帯 : http://www.purazaten-fuji.com/i/


千葉・栄町 ソープランド
FUJI−ふじー
TEL 043-227-0286

千葉県内、いな、日本全国において、むっちゃ激安な価格でむっちゃかわいい女の子とザップンできる場所といったらココ『ふじ』をおいてはありませんね。 でも、どんな娘がいるの? いくら激安だからってソンはしたくないよ? なるほど。それではこのお店の実力を知らない方のために風俗鑑定団が取材してまいりましょう!
 
 
るな(25歳)T156 B82(B) W57 H84
 
鑑定員A「あんなところに倖田○未が歩いている。千葉に引っ越してきたのかな?」
鑑定員B「そんなわけあんめよ。それっぽいキャバ嬢じゃね?」
鑑定員A「昼間からこんなとこでキャバ嬢歩いてないだろう。モデル? AV嬢かな?」
るな「ぜんぶ聞こえてます!」
鑑定員AB「まさか、貴女が…」
るな「ふじのるなです(笑)。わかっているくせに!」
 
↑画像クリックで、大きく表示出来ます!
 
鑑定員「るなさんは、このお店に来る前はどこでなにをされていたんですか?」
るな「いろんなことをやっていました。コンビニ、ショップ店員、キャバクラ、ピンクコンパニオンとか」
鑑定員「ピンクコンパニオンってどんなことをするんですか?」
るな「最初はお酒を注いでまわって、お客さんが酔っ払ってきたらまず野球拳をします。アウト、セーフ、よよいのよい! じゃんけんで負けたら脱ぐんです」
鑑定員「それって野球とどういう関係があるんですか?」
るな「わかりません(笑)。そのほかに、わかめ酒とか1000円札吸い取りゲームとかアソコを使って色々と。ママクラスになるとアソコで習字をしたり吹きタバコとかもデキるんですよ」
鑑定員「るなさんはチーママクラス?」
るな「平社員です(笑)。それでね、ピンクコンパニオンってアソコで芸をするから指入れぐらいされちゃうんですよ。その時にお客さんに『数の子天井だね』って何度もいわれたんです。うふふふ」
 
 
 
鑑定員「数の子天井! 感度は?」
るな「最高よ(笑)。でもアタシね、イクという感覚がわからないんです。まだ」
鑑定員「イったことがない?」
るな「イっているのに気付かないのかもしれません。でも自分では頂点に達したという感覚がわからないの。Hしている最中はずっとキモチいいまま上昇し続けるんです」
鑑定員「終わりがないの?」
るな「はい。だからいつまでもシテいたい感じ」
ラベンダー色の下着がとってもお似合い。
 
鑑定員「るなちゃんがHしている最中ってどんな顔しているの?」
るな「私、Hの最中に顔を見られるのが恥ずかしくてダメなんです。見られていると思うと集中できないからヨコ向いたり両手で顔を覆ったりしています」
鑑定員「両手を手で押さえられたら?」
るな「キャー! やめて!」
鑑定員「イったことないっていうけど、じゃあ、るなちゃんを完全拘束してローターをクリちゃんに当て続けたら、どうなっちゃうの?」
るな「もうやめて! もうムリムリ! 発狂しちゃう。アタシこういう話をしているだけで興奮してきちゃうの〜」
鑑定員「Mなんですか?」
るな「ドMでヘンタイです(笑)。でも妄想ばかりで現実にはそういう経験をしたことがないの。大の字に拘束されたり、はりつけ台に登ってみたいのに」
セクシーランジェリーに衣替えです♪
 
 
鑑定員「他にはどんな妄想をしているの?」
るな「首輪で引っぱられたまま、原宿の竹下通りとかを歩いてみたい♪」
鑑定員「すっ裸で?」
るな「それは恥ずかしいなあ…。もう、やめて…全裸なんてどうしよう…。もうコーフンしちゃう、うふふ(笑)」
鑑定員「コーフンする前に逮捕されると思いますよ」
るな「そっか! 全裸はやめましょう、全裸は。じゃあ、満員電車の中でトビッコ遊びしたい!」
鑑定員「やればいいじゃないですか」
るな「やる相手がいないもん! 満員電車の中でどうしようもないほどヌレヌレになったところで電車を降りて、すぐさまホームで挿入されたいの、うふっ」
鑑定員「それも逮捕されます」
るな「それもそうですね(笑)。あの…まだ憧れのシチュエーションがあるんですけど、しゃべっていいですか?」
鑑定員「どうぞ、どうぞ」
るな「美容室のシャンプー台で頭を洗ってもらうじゃないですか」
鑑定員「ふんふん」
るな「その時に、もう1人の男の人にマ○コをイジられたい。ぷはっ、やっばい、興奮しちゃう〜」
鑑定員「………。でも、現実には不可能じゃないですかね」
箱に入れて持ち帰ってしまいたいほどカワイイです。
 
るな「ついでにもう1つ願望があるんですけど、しゃべっていいですか?」
鑑定員「いいですよ」
るな「あのね、これはAVで観たんですけど、ファストフードのお店でね、男の人が普通にレジを打っているんですけど、レジの下に女の子がしゃがんでフェラをしているんです! もうっ、やっばいでしょう!」
鑑定員「どっちの立場になりたいの?」
るな「私がレジ打ちするほう(笑)。立ちクンニされてキモチよくて声を出すのをガマンしながら仕事をし続けたいんです!」
鑑定員「それも現実では難易度が高いですね」
るな「今話したコトは、あくまでも例です。要するにね、不意を突かれたいんですよ。私が『こういうことがしたい』といって、その通りにされちゃったらつまらないんです。だから私と同じ種類の願望を持っている男性と付き合いたいの」
鑑定員「なかなか難しいでしょうね」
るな「やっぱり! だって今までに1人としていなかったもん(笑)」
鑑定員「では最後になりましたが、ほかになにか伝えたいことはありますか?」
るな「私、恥ずかしがり屋のくせに辱められたいんです。よろしくお願いします(笑)」
 
最後はイブニングドレス姿でセクシーにキメてくれました。
 
いつも笑顔で性格が見た目通りに元気で明るくて、Hなハナシが大好きなるなちゃんでした。小顔でスレンダーなボディーも非常に抱き心地がよさそうです! 元気な女の子にエネルギーを注入してもらいたい方はぜひともるなちゃんに会いに行ってみてください。

お遊びの際には「ビンビン見た!」も忘れずにお願いしますね〜!


つづく
千葉・栄町 ソープランド  
FUJI−ふじー るな(25歳)
TEL:043-227-0286 T156 B82(B) W57 H84

 


hyperbingo at 12:11|この記事のURL

2013年02月05日

鑑定110 【2013年彼女にしたいオブザイヤー の巻】

先日、東京で取材をしている風俗ライターの方がおっしゃっていたのですが、千葉の風俗嬢は地元の女の子が多いわりにルックスレベルは関東ナンバー1だそうです。美しい遺伝子を残してくれたご先祖たちに感謝ですね。今回も女優並みの美しい女の子を発掘してきました。自信を持って紹介します。行ってきたお店はこちらで〜す。










PC : http://www.cansami.jp/chiba/
携帯 : http://www.cansami.jp/chiba/i/


千葉・栄町 デリヘル
キャンパスサミットアニバーサリー千葉店
TEL 043-203-2224

『キャンパスサミットアニバーサリー千葉店』は、千葉県内のエロオヤジ、失礼、風俗ユーザーで知らない人はいない美女の宝箱。他県から友達や親戚が遊びに来た時にぜひとも使いたいお店ですよね。さあ、早速今回登場していただく女の子を紹介といきましょう!
 
 
りさ(21歳)T162 B83(C) W57 H82
 
りさ「お外寒いよぉ〜」
鑑定員「どうしてそんなに薄着なんですか?」
りさ「上着を忘れてきちゃった。寒いよぉぉ」
鑑定員「外に出るときにこの寒さに気付かなかったんですか?」
りさ「おっちょこちょいなんです。早く写真をとってく・だ・さ・い。さ・ぶ・い」
 
↑画像クリックで、大きく表示出来ます!
 
室内に入ってようやく身体が暖まったのか、本来の(?)しっとりとした雰囲気に戻ってアンケート用紙に記入を始めるりさちゃん。
 
鑑定員「それにしても美しいですね。飯○直子を少し細くした感じというか」
りさ「飯○直子って私わからないんです。でもお客さんにも同じことをいわれました」
鑑定員「昔からモテたんでしょう?」
りさ「そんなことないです。小学校から中学校までは相当おとなしい子でした」
鑑定員「相当おっちょこちょいな子?」
りさ「おとなしい子ですって(笑)。高校に入って友達が変わって、ようやく男子が近寄ってくるような環境になったんです」
鑑定員「モテ期到来ですな」
りさ「モテ期というのはなかったですね。彼氏ができてからその人ひとすじだったから」
鑑定員「ヤリマンではなかった?」
りさ「ちがいます!」
鑑定員「初体験はいつでした?」
りさ「16才の時。高校1年生でした。相手は2人目の彼氏で同じ学校の先輩」
鑑定員「初Hの感想は?」
りさ「血が出て驚きました(笑)」
鑑定員「とりあえず早く処女を捨てたいという感じだったの?」
りさ「いえいえ、そんな風には思っていなかったです。早くヤリたかったのは相手のほうですね。でも私は彼氏のことがとても好きだったので、Hは恥ずかしかったけど幸せでした」
クールな雰囲気と小動物系のかわいさがミックスした感じです。
 
 
 
鑑定員「こんなにカワイイ彼女がいたら相手も幸せだろうねー」
りさ「ところが幸せは長く続かなかったんです(笑)」
鑑定員「おやまあ。何があったの?」
りさ「彼氏は私が高校1年の時の3年だから、すぐに社会人になるわけじゃないですか。社会人になると交友関係が拡がるんです。私が中学から高校で変わったように」
鑑定員「ふんふん」
りさ「彼は社会人になってから3股をかけたんです。私は高校生のままですから、まあ、置いていかれたということです」
鑑定員「どうして3股かけていることがわかったの?」
りさ「たまたま携帯を見ちゃったんです。連絡先に『彼女フォルダ』というのがあって、そのフォルダを開けたらアタシの名前がそこに入っていたんです(笑)」
鑑定員「彼女フォルダ!? 3股ということは『彼女フォルダ』の中にりさちゃんを含めて女の名前が3つ入っていたということ?」
りさ「そのとおり」
鑑定員「彼女フォルダ…。ショックだった?」
りさ「ショックでした! 純真な17才にとっては計り知れないショックです」
鑑定員「それを見て、相手になんていったの?」
りさ「アタシ、彼女フォルダに入ってんだけどって」
鑑定員「ははは! はははは!」
りさ「笑いすぎです」
鑑定員「ごめんなさい。で、彼氏はなんと?」
りさ「すぐに他の2人と別れるっていってましたけど、アタシ的には『彼女フォルダ』に入れられた事実に変わりはないので、ありえないと思ってすぐに別れました」
鑑定員「フォルダ整理もやりすぎはよくないということですね」
りさ「そういう問題ではありません」
 
スレンダーな肢体、キレイな髪、抜群のファッションセンス。こんな子と付き合いたいとだれもが思うはずです。
 
鑑定員「逆にりさちゃんは過去に男にひどいことをした経験はないの? 彼氏フォルダを作ったりとか」
りさ「フォルダの話はもうやめてください。そうですね…その後に付き合った彼氏と別れたくて『遠いところに引っ越すからもう付き合えない』ってウソをついたことかな。嫌いになったわけじゃないんだ、ゴメンねって」
鑑定員「それで相手は何と?」
りさ「嫌いになったわけじゃないんだったら…しょうがないねって」
鑑定員「その男の子の気持ち…わかるなあ。うすうす感じていたんだろうなあ」
りさ「ごめんなさい…。あの、もっと楽しい話をしませんか?」
鑑定員「そうだよね。りさちゃんのオマ○コってどんな感じなの?」
りさ「だから、見たことないってアンケートに書いたでしょ!」
ランジェリー姿はちょっぴり野性的な趣。
 
鑑定員「あ、本当だ。じゃあ、恥ずかしい思い出の箇所に書いてある『田んぼに落ちた』事件の詳細を教えてください」
りさ「あれはたしか17才の時でした。学校帰りに友達と歩いていたんですよ。その時すごい雨が降っていて、私のテンションもすごく高かったんです」
鑑定員「雨が降るとテンションが上がる性癖」
りさ「そうなのかも(笑)。歩いていたのが田んぼ沿いだったんです。大雨で路面は水浸しになって、田んぼの水面も上がっていたわけです」
鑑定員「道路と田んぼの境目がわからなくなっていた?」
りさ「うん。そしたらドボンって音がして、気がついたら自分だけプールに入っている状態!! オッパイぐらいの深さまでドロ水に浸かっているの! 周りに人がいっぱい歩いているのに〜」
鑑定員「友達に助けてもらったの?」
りさ「自力で這い上がりましたよ。友達はただ爆笑しているんだもん。周りを歩いている人たちもくすくす笑っていました」
鑑定員「17才の時はろくなことがなかったみたいですね」
りさ「そうみたい」
鑑定員「それでは最後に、ビンビンウェブをご覧のみなさまにメッセージを」
りさ「これで終わり!? アタシ、ただのドジな女で終わってないですか?」
鑑定員「そんなことないですよ」
りさ「こんなおっちょこちょいな私ですけど、よかったら会いに来てくださいね。りさのことをよろしくお願いします」
むちむちの腰付きにすべすべのお肌。ボディーもパーフェクトです。
 
 
ぱっと見は近寄りがたいほどの美女(←100人に1人級)なのですが、とても人懐っこいやさしい性格の女の子でした。お店のHPに「2013年彼女にしたいオブザイヤー」と紹介されているようですが、本人に会えばその意味がきっとわかるはずです。惚れすぎに注意してくださいね。

お遊びの際には「ビンビン見た!」も忘れずにお願いしますね〜!


つづく
千葉・栄町 デリヘル  
キャンパスサミットアニバーサリー千葉店 りさ(21歳)
TEL:043-203-2224 T162 B83(C) W57 H82
 


hyperbingo at 12:04|この記事のURL