2014年08月

2014年08月20日

鑑定147  【ダンナとだけじゃ物足りない! の巻】

 ダメとはわかっていても風俗バイトに手を出してしまうごく普通の人妻が後を絶ちません。「だってこんなに気持ちイイことをして、お金がもらえるんですもの…」。

たしかに。お金を払って遊びに行っている我々からすれば、実にうらやましい話なのですよね。千葉栄町にもそんなイケない奥様は星の数ほどいらっしゃいます。どこに行けば会えるかって? お任せあれ! このたびご紹介するお店はココです!



hp_147



千葉栄町 デリヘル
ムラムラM字妻栄町店
TEL043-202-5230


千葉栄町発のデリヘル『千葉栄町ムラムラM字妻』は、20代の若妻から40代の熟女妻までの奥様を在籍させている千葉の人 妻デパート。集客力がエリアトップクラスと聞いてやってくる良質の新人奥様がじゃんじゃん入店している模様であります。さっそく危ない人妻さんに登場して もらいましょう!


01
 ゆめみ(31歳)T157B89(F)W59H87


鑑定員「奥様、ブラジャー透けています」

ゆめみ「いやだ、ゴメンなさい(笑い)。気づかなかった」

鑑定員「勃起してしまうではないですか」

ゆめみ「どれどれ見せて〜」

鑑定員「近寄らないで! 発射してしまう!」



a_01
↑クリックで大きく表示できます!


鑑定員「見るからにエロいですけど、本当に人妻さんなのですか?」 

ゆめみ「ガチの人妻ですよ」

鑑定員「ダンナさんとエッチはしているの?」

ゆめみ「お客さんからもよく聞かれるんですけど、普通にしています(笑)」

鑑定員「週にどのくらいしますか?」



02


ゆめみ「週に2〜3回ぐらいかな」

鑑定員「それは頻繁ですね」

ゆめみ「結婚11年目にしては多いっていわれる。ケンカして『コノやろ〜』と思ってぷんぷんに怒ってお布団に入っている私にすり寄って来てオッパイを触ってくるような、空気読めないダンナなんです。性欲が人一倍強いみたいで」

鑑定員「それで、そういう時に貴女はどういう対応を?」

ゆめみ「いや、その…声が出ちゃって、つい(笑)」

鑑定員「ダメじゃないですか!」

ゆめみ「心の中で怒っていてもオッパイ揉まれるとダメなんです(笑)」

鑑定員「正直な身体をお持ちなのですね」

ゆめみ「そうかしら(笑)」


03
ついに爆弾のような乳房が露出!!


04
ブラの明るい色遣いが彼女らしいんです。


鑑定員「ダンナさんとセックスをしているのに風俗でバイトする理由は?」

ゆめみ「直接のきっかけはダンナが浮気したりフーゾクに行きまくっていることを知ってしまって『コノやろ!』と思ったからですね」

鑑定員「どうして浮気やフーゾクがバレたのかな?」

ゆめみ「うちのダンナ、そういう所がずさん過ぎるんです。洗濯物の中にディズニーランドの半券が入っていたりするんですよ。それとね、夫婦で1つのPCを使っているんですけど、検索の履歴に堂々と『ビンビンウェブ』って残っていたりするわけ(笑)」

鑑定員「悪いサイトではないと思いますけどね」

ゆめみ「ダンナに対してなにも突っ込まないかわりに、私も風俗嬢やっちゃおうかなって。まあ、お互い寛大というか、ユルいんですよ」


05


鑑定員「実際に風俗の仕事をやってみて感想はどうですか?」

ゆめみ「楽しいです! とくにラブホテルが新鮮です。コンコンってノックする時のドキドキ感、初対面でちょっと照れちゃったり、恋人同士みたいなチューだってできるし。オモチャも使えるし」

鑑定員「オモチャはローター、バイブは無料ですよね?」

ゆめみ「そうなんです! ぜひぜひ使ってください」





06
重量感も弾力もバツグンのゆめみさんのF乳。

鑑定員「ゆめみさんはムード作りが上手そうですね」

ゆめみ「恋人ムードはとても大切にしています。シャワー室で体を洗ってさしあげるときも、抱きついたり、オッパイをムギュムギュって押し付けたり」

鑑定員「そんなことされたら興奮するのでしょうけど、それって恋人っぽいんですかね?」

ゆめみ「うふっ。だってチューはたいていお客さんのほうからしてくるのよ」

鑑定員「さすが!」

ゆめみ「おとなしいお客さんだったら私の方からしちゃうけどね」

鑑定員「お風呂の中でフェラしちゃったりもしているんじゃないの〜?」

ゆめみ「うふふ。だってスキンシップが心を開かせることってあるじゃない?」

鑑定員「フェラチオってスキンシップっていうんですか!?


07
街を歩いている普通の奥様の正体は…。

08
こんなにどエロいオッパイの持ち主。

鑑定員「ベッドでは責められることのほうが多いんですって?」

ゆめみ「そうですね。たいてい先に責められちゃいます」

鑑定員「先にチューさせたり、先に責めさせたり。よっぽど誘導が上手なんですね」

ゆめみ「そんなことないですよ。私がビンカンだから触りがいがあるみたいです。私のオマ○コ、すぐにビチャビチャになっちゃうし」

鑑定員「イヤらしいアエギ声を出してそうですね?」

ゆめみ「いやだ。遠慮がちな可愛いアエギ声よ(笑)」


09
「シャワー室からオッパイをムギュムギュ押しつけちゃう」。

鑑定員「得意技はフェラですね?」

ゆめみ「はい。みなさん『イッちゃうから止めて!』ってすぐなります」

鑑定員「それはすごい。どういうフェラなんでしょう?」

ゆめみ「ニュアンス的にはソフトクリームを舐めるような感じ。こぼれただ液を舌ですくい上げつつ、上の部分から食べて行くの。たまにサイドをこちょこちょって舌先で舐めたり。でもフェラしている時の顔を見られるのは恥ずかしいんですよ」


鑑定員「恥ずかしいといえば、今までで一番恥ずかしい思い出が『プールで気づいたら水着が取れちゃっていた』ですって? どれくらいの時間気づかなかったんですか?」

ゆめみ「流れるプール1周分ぐらいだから15分くらいかなあ(笑)」

鑑定員「いっしょに流れていた友だちは指摘してくれなかったんですか?」

ゆめみ「おそらく気づかないぐらいハイテンションで遊んでいたんだと思います。一番元気な頃だったので。今思い出してもホント恥ずかしい」

鑑定員「実はそうやってナンパ待ちしていたんでしょう?」

ゆめみ「違います(笑)」


10


 ダンナさんとの週2回のセックスでもまだまだ物足りないとばかりにフーゾク業界に飛び込んで来たゆめみさん。あっけらかんとしたスケベっぷりに好感が持てました。「自分からではなくてお客さんからチューされちゃう」という愛されキャラのゆめみさんと、エロ楽しい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?



お遊びの際には「ビンビン見た!」も忘れずにお願いしますね〜! 

つづく

千葉栄町 デリヘル
ムラムラM字妻 栄町店

ゆめみ(31歳) T157 B89(F) W59 H87


hyperbingo at 10:33|この記事のURL

2014年08月05日

鑑定146  【こんな娘といいな、できたらいいな♪ の巻】

あんな夢こんな夢いっぱいあったけど、実は男性は大人になるとイイ女を抱きにソープに行くことしか頭の中になくなってしまう。

そんなわけで、お待たせいたしました。このたび足を踏み入れたのはみなさんがとっても気になっているだろう、栄町のあのお店です。
 



hp_146




千葉栄町 ソープランド
Sweet Mode
TEL  043-223-6269


「大人×カワイイの新基準」をコンセプトにした千葉栄町『Sweet Mode』は可愛い女の子の在籍数では千葉県内屈指を誇る高級ソープ。同店に芸能人級のルックスをした大型新人が入店したという噂を聞きつけて、やって来ました。



01
 ひかり(21歳)T154B80(B)W58H83

ややっ、こんなところでドラマのロケをやっている。朝ドラかな? 大河かな? 近くに見にいくべ!


02




鑑定員「お〜い、朝ドラのヒロインさ〜ん」

ひかり「朝ドラではありません。だいいち、ここは千葉栄町ですよ」

鑑定員「ということは、アナタが?」

ひかり「ひかりです」

鑑定員「本当に芸能人かと思いました!」


a_01
↑クリックで大きく表示できます!


03
アンケート記入中のひかりさん。可愛いさだけではなく、愛嬌バツグンです。


鑑定員「こんな可愛いヒトに生まれてはじめて会いました」 

ひかり「ウソをつかないでください(笑)。でも褒めていただいてありがとうございます」

鑑定員「お店に入ってどのくらい経つのかな?」

ひかり「2ヶ月です。それまでは東北に住んでいました。しかも2車線が存在しないようなど田舎です(笑)。都会に行こうと思って来たのですけどやはり東京は怖いので千葉にしました」

鑑定員「怖いってなにが?」

ひかり「人の数が多いじゃないですか。人ごみが苦手なんですよ。一度だけ、自分で車を運転して東京に行ったことはあるんです」

鑑定員「東京のどこへ?」

ひかり「東京駅(笑)。でも東京駅に到着する前に一方通行に入ってしまい、全力で逆走して逃げ帰って来ました。もう東京はこりごりです」

鑑定員「ナビはないの? ナビは!?」

ひかり「ついていません」

鑑定員「それって東京に行ったことになるのですかね?」

ひかり「私の中ではいちおう。でも渋谷とかに行きたいとは思いませんね」



04
お人形さんみたいな完璧なルックス。

05


鑑定員「洋服の買い物はどうしているの?」

ひかり「ネット通販で済ませます。外に出ると迷子になったり人にぶつかったりしそうだし」

鑑定員「せめて千葉市内ぐらいは攻めたらどうですか?」

ひかり「考えておきます。でもディズニーランドは行きたいです!」

鑑定員「千葉なんだから行けばいいじゃないですか!」

ひかり「連れてってくれる人がいないんですもん(笑)」

鑑定員「他に困ったことはある?」

ひかり「物価が高いことと、お水とお米が美味しくないことかな」

鑑定員「まさか水道水を飲んでいるとか?」

ひかり「飲んでまずかったのでやめました。でも田舎ではミネラルウォーターを買ったことは一度もなかったですよ」


06
謙虚でやさしい性格が表情ににじみでています。


07



鑑定員「その可愛さで芸能人ではないということなんですけど、いったい何者なんですか?」

ひかり「普通の子ですって。小さい頃はお家で読書ばかりしている女の子でしたよ」

鑑定員「どんな本を読んでいたの?」

ひかり「ハリーポッターとかシャーロックホームズとか」

鑑定員「おとなしい子でした?」

ひかり「はい。気が小さくて存在感の薄い子。授業中も下を向いていて、答えがわかっていても手を挙げるようなことはありませんでした」

鑑定員「でも、モテたでしょう?」

ひかり「いいえ。中3の時にはじめてカレシができたぐらい」

鑑定員「中3でできたら立派じゃないですか」

ひかり「でもカレシとはお話さえできなかったんです。携帯も持たせてもらえなかったから文通をしていました。恥ずかしくて『おはよう』もいえなかったの。スレ違っても目を合わせることさえできなくって」

鑑定員「そんなんで、よくお付き合いすることになりましたね?」

ひかり「友だちが『オマエら両想いじゃね?』と言ってきて、それで付き合うことに…」

鑑定員「いい友だちを持ちましたね」

ひかり「でもあまりにもしゃべらなすぎて、高校に入ってすぐに別れることになりました」

鑑定員「その後のひかりちゃんはどうやって大人になっていったのかな?」


ひかり「なんか高校に入ってから私にヤリマン疑惑が浮上したんです」

鑑定員「なんで?」

ひかり「高校の頃には携帯を持っていたので、メールぐらいはするようになっていたんですね。私には好きな人がいて、その人とメールをしていたら、その人の元彼女が激怒して私を攻撃してきたんです。『あいつはヤリマンだ』って。私ヤったこともなかったし、ヤリマンの意味さえ知らなかったんですけどね(笑)。ところが…」

鑑定員「ところが?」

ひかり「ところが、ヤリマンという噂がたったら、逆にあちこちから男が連絡をよこすようになってしまって(笑)」

鑑定員「そういうの、わかるような気がする」

ひかり「私、誘われると断ることができない性格なんです」

鑑定員「それでヤリマンになってしまった」

ひかり「ヤリマンになったつもりはないですけど、エッチは断れませんでした」

鑑定員「じゃあ、好きでもない人に『フェラして』といわれたら、しちゃうの?」

ひかり「だってイヤっていえないんだもん…」



08



09
はみ出たお尻の肉の美味しそうなこと!
 


鑑定員「お店には慣れました?」

ひかり「いいえ。いつも緊張しています」


鑑定員「それはどういう緊張なのかな?」

ひかり「時間内に仕事をちゃんとこなさなきゃとか、相手に対してなにかしゃべらなきゃって。それに、自分がお客さんに受け入れられているかどうか不安なんです」


鑑定員「2ヶ月で仕事のコツみたいものはつかめてきました?」

ひかり「多少は。でもお仕事も出会いも新しいことばかりだし、これから慣れてくれば楽しくなっていく気はしているんですよ(笑)」





10




 ひかりちゃんは風俗鑑定団の歴史に残るであろうとんでもない美女でした。特筆すべきは素朴でスレていない性格。すべてが可愛いです! 会いにさえ行けば、きっとアナタの美女遍歴の1ページに残る女の子になると思いますよ!




お遊びの際には「ビンビン見た!」も忘れずにお願いしますね〜! 

つづく

千葉栄町 ソープランド
Sweet Mode

ひかり(21歳) T154 B80(B) W58 H83


hyperbingo at 10:06|この記事のURL