2010年09月06日

鑑定052 【新学期の席替えで隣の席に座ってほしい女の子 の巻】

みなさ〜ん、夏休みの自由研究は無事に提出できましたか? え? くだらんことを言ってないで早く女の子紹介しろ? いやね、学生時代を思い出せばこの季節は2学期の始まりじゃないですか。席替えで教室の視界も変わったところで新たな恋をした季節だなあと。もし、こんな娘が教室の隣の席に座ったらどうしよう…。そんなテーマで千葉栄町を嗅ぎ歩き、この店に到達したわけです。










PC : http://www.tgc-deli.com/
携帯 : http://www.tgc-deli.com/i/


千葉 デリヘル
東京ガールズコレクションズ
TEL 043-221-7776

店長! この季節にテンションが上がりそうな女の子、そうだなあ…、フンイキ的にはちょっと今まで周りにいなかったような転校生タイプがいいなあ。ねえ、だれかいる?  「いますよ(笑)。この娘でどうでしょうか?」(店長)
諸星ラム(20歳) T157 B85(C) W59 H86

出たぁ〜!! 運命の女神サマ〜!! キミこそボクの隣の席に座ってほしかった転校生!!    お名前はなんていうの? 「諸星ラムです。はじめまして」 ん? なんかのマンガに出てきたような…。ま、いいでしょう。では恒例なアンケートに行ってみま〜す!!
 
↑画像クリックで、大きく表示出来ます!
 
↑画像クリックで、大きく表示出来ます!
 
アンケート書き込み中にもかかわらず、こちらに向かってニコリ。
 
鑑定員「かわいいなあ。なんかニコニコしたり、ぽっーとしてたり」
ラム「ありがとうございます。性格はよく天然っていわれます。でも、キャァアアっ!!」
 
買ったばかりの飲み物をベッドの上にひっくり返すラムちゃん。
 
ラム「ご、ごめんなさ〜い」
鑑定員「大丈夫です。そんなところがたまらなくカワイイですけど、アンケートに書いてあることはエグいですね。自分の身体で一番好きなところが『下の口』ですって」
ラム「男性に一番褒められる場所なので、そうなのかなあって思って(笑)」
鑑定員「それだけカワイイ顔があって、ほかに褒められる場所がアソコということはよっぽど具合がイイんでしょうね。具体的にどんなアソコなのか教えてください」
ラム「自分で指を入れたことがないからわからないのですが、せまいらしいですよ」
鑑定員「ええ? 普通、セックス前にウォーミングアップ替わりに自分のおマンコに指入れするでしょう?」
ラム「しませんよ! 自分の指を入れるなんて怖いじゃないですか。私、アソコにタンポンも入れたことありませんし」
鑑定員「今まで付き合ってきた男性から狭いっていわれたの?」
ラム「はい。それに竹の子天井らしいです」
鑑定員「数の子天井?」
ラム「そっちでした(笑)。あのね、入口が狭いうえに私ってアソコの中を自由自在に締めることができるんです。今まで付き合った彼氏は5分ともたなかったんですよ(笑)」
鑑定員「自分で自分のアソコ触らないってことはオナニーしないの?」
 
 
ラム「それはどうでしょうか(笑)」
鑑定員「その顔はゼッタイにしてるな。クリトリスいじり星人でしょう?」
ラム「あははっ。恥ずかしいからあまり突っ込まないでください!」
鑑定員「オナニーはいつから始めたの?」
ラム「ええ? 言うんですか? 初めてしたのは中1のとき…」
鑑定員「毎日していたんだろう、この淫乱中学生め!」
ラム「してませんって! 私、お姉ちゃんと部屋がずっといっしょだったんです。なかなか自分1人になる時間がなくて落ち着いてできなかったの。するときは罪悪感と自己嫌悪にさいなまれながら…でした」
鑑定員「いつもお姉ちゃんの顔色とチャンスをうかがっていたわけだ」
ラム「そうですね。私最近になって一人暮らしを始めたんです。ようやく階段の足音を気にせずにオナニーに没頭できるようになりました。何回でもイッてもいいわけだし、自分のタイミングでイケるって素敵なコトです。落ち着いて自分の性感と向き合えるようになったからか、最近では乳首も感じるようになりました」
鑑定員「よかったじゃないですか。ところで、初体験が18歳って遅くないですか?」
教室の窓から中庭を眺めていたら、お友達に呼ばれて振り返ったラムちゃん。
 
放課後の教室で今まさに初体験を迎えようとしているラムちゃん。
 
ラム「そうなんです。それは高校の卒業式の日でした。好きだった先輩が卒業式の日に学校に来てくれて、みんなが帰った後の自転車置き場で立ちバックでしちゃいました。卒業おめでとうみたいな感じで」
鑑定員「卒業祝いにセックスをする慣習があるの?」
ラム「そういうわけではないですけど、まあ、盛り上がりついでに(笑)」
鑑定員「付き合った彼氏も2人だけ? そんなにかわいかったらたくさん告白されたでしょうに」
ラム「付き合ったとしても1日で終わっちゃうの(笑)」
下着姿になったときに素で恥ずかしがっていました。
 
 
鑑定員「どういうこと?」
ラム「家がものすごく厳しかったんです。高校卒業するまで門限は学校が終わったらすぐの時間に設定されていて、しかも土日は家のお手伝いをしなくてはいけなかったの。友達とさえ遊びに行けなかったから、男の子に告白されて『いいよ』って言っても、デートできないんです」
鑑定員「かといって部屋で落ち着いてオナニーもできなくて、さぞ息苦しかったろうに」
ラム「その話はもういいです。ちなみに私今も彼氏いないんですよ。でも最近ビールが美味しくなっちゃって、男の子と遊ぶより飲んでいるほうが楽しくなっちゃった。ヤバいですよね(笑)」
鑑定員「大人を通り越してオヤジ化しないように気をつけてくださいよ。最後にラムちゃんのお店でのプレイについて聞きたいな。フェラと素股はどんな感じなの?」
ラム「フェラは舌の遣い方が上手っていわれます。奧までくわえ込んだらノドで亀頭を締めて、舌でサオをチロチロっと責めたり。素股は、私が上に乗ったら右手でサオを握るでしょう、それで左手でフタをするとアソコの奧の感触を味わってもらえるんです」
鑑定員「スゲー。どっちも上級テクじゃないですか。だれに教わったの?」
ラム「ツタヤでマニアックなDVDをかりてきて自分で勉強したんです。でもまだまだですよ。フェラのときに、オチンチン吸っていて気持ちいいのかなって思っていたら実はお客さんは痛がってた、なんてコトもありますから。基本ドジですので(笑)」
 
 


飾りたてることなく、素のままの姿でなんでも本当のことをしゃべってくれた諸星ラムちゃんでした。思わず抱きしめたくなるような愛くるしいルックスに真面目で恥ずかしがり屋でちょっぴり天然な性格。彼女に恋してしまうのは私だけではないはずです。

お遊びの際には「ビンビン見た!」も忘れずにお願いしますね〜!


つづく
千葉 デリヘル  
東京ガールズコレクションズ 諸星ラム(20歳)
TEL:043-221-7776 T157 B85(C) W59 H86

 


hyperbingo at 20:06