2012年11月05日

鑑定104 【市原発イキ過ぎ濡れすぎ疑惑オンナ、事情聴取へ の巻】

風俗鑑定団が市原発市にやって来たわけは市民からの通報でした。某風俗店に濡れ過ぎイキ過ぎなオンナがいるという情報が鑑定団にリークされたのであります。いったいどのお店のだれなのでしょう?










PC : http://bicho2.net/
携帯 : http://bicho2.net/i/


市原発 デリヘル
びちょ美女
TEL 0436-26-5177

市原発の「びちょ美女」は男の極み専門店をうたうデリヘル。恋人コースのほかにソフトSコース、ソフトMコースといった男性の嗜好にあわせたコースを設置している。この店に濡れ過ぎイキ過ぎなオンナが在籍しているとか。さっそく取材に行ってきます!
 
 
ひなた(24歳)T154 B83(B) W57 H88
 
鑑定員「ひなたさんですね」
ひなた「はい、ひなたは私です。なにか?」
鑑定員「ひなたさん、ちょっとお話をうかがいたいのですが」
ひなた「貴男はだれなの?」
鑑定員「風俗鑑定員です。貴女に濡れすぎイキ過ぎの疑いがもたれております」
ひなた「知りません、そんなの」
鑑定員「とりあえずアンケートに答えてください」
ひなた「なんのこっちゃ」
 
↑画像クリックで、大きく表示出来ます!
 
ひなたちゃん、アンケート用紙記入中です。
 
鑑定員「では事情聴取を始めます。あなたはイクときに『あっ、だめ〜』『「ムリ〜」『やばい』等、イヤらしい言葉を発する女ということで間違いないですね?」
ひなた「そ、そんな!」
鑑定員「貴女の直筆のアンケートにそう書いてあります」
ひなた「だって具体的に書けって強要されたんだもん」
鑑定員「男性に陰核をペロペロさせるのが趣味だとか?」
ひなた「好きなだけです。趣味なんていっていません」
鑑定員「どうやったらイケるのですか?」
ひなた「クンニです」
鑑定員「もっと詳しい状況説明を」
ひなた「クリちゃんの皮を両サイドに引っ張ってもらって高速で上下に動かしてもらうと簡単にイケます。ローターの動きがヒントです」
鑑定員「なるほど。簡単って時間にするとどのくらいですか?」
ひなた「3分くらいで」
鑑定員「簡単すぎますね」
ひなた「簡単なんだから仕方ないじゃないですか(笑)」
 
 
鑑定員「貴女は中学1年生の時に教師とトイレでSEXをしたのですね?」
ひなた「はなはだ不本意ながら(笑)」
鑑定員「貴女が教師に陰核を舐めるように迫ったんですか?」
ひなた「そ、そんな! 私、先生にダマされたんです」
鑑定員「詳しくお聞かせ願えませんか」
ひなた「日直だった日に、放課後に1人で教室に残って日誌を書いていたんです。そこに巡回の先生がやって来たの」
鑑定員「その教師は何才でしたか?」
ひなた「26、27くらいの独身でした。『いつまで残っているんだ! もう帰りなさい』っていうから私は『ではトイレに行ってから帰ります』っていったんです」
鑑定員「それで?」
ひなた「先生が『生徒用トイレの鍵はもう締めたから職員用トイレを使いなさい。先生もトイレに行きたい』っていうんです。だからトイレまで一緒に行ったんですよ」
鑑定員「本当だな?」
ひなた「本当ですって。私がトイレを済ませて個室から出てきたら、先生がフルチン仁王立ちで腰を動かしているんです」
鑑定員「なんだ、その先生」
ひなた「私は『どうしたの先生?』って聞いたんです。そしたら『象さんがなんたらかんたら』と…」
鑑定員「その教師、頭おかしいんじゃないか?」
ひなた「普通の時はちゃんとした先生だったんですけどね。たしか『これをアイスキャンディーみたいに舐めると象さんが大きくなるんだぞ』って言ったんです」
シーツを直しているひなたちゃんの背後から隠し撮り。
 
鑑定員「それで、まさか舐めたんじゃ?」
ひなた「舐めました。だって断れない雰囲気だったし、襲われたらイヤだから素直に言うことを聞いたんです。舐めているうちにギンギンになりました」
鑑定員「自分がナニをしているのか、わかっていたの?」
ひなた「わかりませんでした。それから『今度は先生がお返しするからパンツを下ろしなさい』といわれて、なにがなんだかわからないままアソコを舐められました」
鑑定員「それで?」
ひなた「それで『洗面台に後ろ向きに立ちなさい』って命令されて、ギンギンのモノが入ってきて中出しされました。でも私、それがSEXだってわからなかったの。日直の仕事の一環なのかなあと」
鑑定員「本当にそう思ったの?」
ひなた「本当にそう思いました。そのくらい純真だったんですよ。あれがSEXだったってなんとなくわかったのは中学2年の時の保健体育の授業でしたね。それでもまだ実感が湧かなかったんですけど、中3の時に彼氏ができて、いざ初体験ということになった時に『あっ! コレは!』って気付いたんです」
スカートからのぞくパンティーがソソる。後ろから襲いかかりたい!
 
股間の近くに寄ってみました。目を凝らして見てみてください。
 
鑑定員「ところで、貴女は20才の時にバイブ感電事件を起こしていますね?」
ひなた「そ、そんな…。そんな昔の話をだれから聞いたんですか!」
鑑定員「詳しくお聞かせ願えませんかね?」
ひなた「ラブホテルの自動販売機で当時の彼氏がバイブを買ったんです。すごく気持ちよくてズボズボしていたら、オマ○コが大洪水になってしまったんです。シーツもビチョビチョでした」
鑑定員「それで?」
ひなた「いきなり『ビリッ』って来たんです。アソコが感電してしまって歩けなくなってしまったの」
鑑定員「それで、警察は呼んだのかい?」
ひなた「どうして警察を呼ばなきゃいけないの(笑)。救急車を呼びましたよ。やって来た救急隊の人にその場で説明したら苦笑いされました(笑)」
鑑定員「で、搬入先の病院の先生はなんと?」
ひなた「先生には大爆笑されました。『キミはバイブは向いていない』って(笑)」
鑑定員「濡れすぎには注意が必要です。いい加減にしてくださいね。それでは事情聴取を終わります」
ひなた「おつかれさまでした(笑)」
 
ボリュームも形のよさも百点満点のお尻!
 
ひなたっちゃんのイキ過ぎ濡れすぎ疑惑に関しては数々の証言により完全にクロという結果に終わりました。見た目はとっても清楚なのですが感度がいささか良好すぎるみたいですね。トラウマでおもちゃ系は苦手だそうですが、クンニは大好きとのこと。責め好きのアナタは、ひなたちゃんの大洪水劇を鑑賞してみてはいかがでしょうか。

お遊びの際には「ビンビン見た!」も忘れずにお願いしますね〜!


つづく
市原発 デリヘル  
びちょ美女 ひなた(24歳)
TEL:0436-26-5177 T154 B83(B) W57 H88
 


hyperbingo at 15:40